アステラスの研究活動

アステラスでは、VISIONの実現に向けて、Focus Areaアプローチの考えに沿って研究活動を推進しています。
研究部門ではバイオベンチャー企業をモデルにした運営体制を導入しています。アントレプレナーシップ(起業家精神)に富むリーダーの率いる研究ユニットが、高い自律性と機動性をもって活動しています。それぞれの強みを持つ多様なメンバーが集い、アカデミアやバイオベンチャーなどの外部提携先とも緊密に連携しながら、世界中の患者さんに「価値」を届けるため、研究活動に取り組んでいます。
 

組織体制

アステラスの研究組織は大きく3つのグループに分けられます。

【製品創出ユニット】
社内バイオベンチャーの集合体として、製品創出を担います。アジャイル型モデルを採用し、外部バイオベンチャーのエコシステムになぞらえた成長の仕組みを取り入れています。
【開発研究部門】
製薬企業としてのコアケイパビリティを活用して、製品創出の効率および品質を高めます。先端の創薬基盤技術、レギュラトリーサイエンス、トランスレーショナルサイエンスに関する研究を行っています。
【研究管理機能】 
研究全体戦略の策定、各組織間の協調とシナジー(相乗効果)を導き出す役割を担っています。
 

組織図


製品創出ユニットには、近年アステラスが買収したバイオベンチャーおよび社内で成長したバイオベンチャー、そして現在社内で成長途上にあるベンチャーユニットが含まれます。各研究組織の活動は、以下のリンクバナーをクリックしてご覧ください。(リンクバナーにカーソルをホバーさせると、活動内容のサマリーが表示されます。)
 

社内バイオベンチャー(買収および社内成長)

ベンチャーユニット


研究拠点

アステラスでは、日本、米国、欧州の研究拠点で、自律的に活動を行っています。
それぞれの分野で著名な研究者を科学諮問委員会(Scientific Advisory Board)のメンバーなどとして招聘し、私たちの注力領域において最適なパートナーとの連携しながら、組織として成長を続けています。

世界地図