環境(Environment)

エリア別GHG実排出量の推移(スコープ1、スコープ2) independent limited assurance

(単位:トン)
  2015年度 構成比
(%)
2019年度 構成比
(%)
2020年度 構成比
(%)
2021年度 構成比
(%)
日本 166,857 75 132,888 80 94,522 77 89,725 76
スコープ1 61,036   48,842   46,217   46,662  
スコープ2 105,821   84,046   48,305   43,063  
米国 31,185 14 13,022 8 13,880 11 12,448 10
スコープ1 20,742   7,878   7,139   5,686  
スコープ2 10,443   5,143   6,741   6,762  
エスタブリッシュドマーケット 16,725 8 12,131 9 8,601 7 9,913 8
スコープ1 13,073   10,743   7,799   9,115  
スコープ2 3,652   1,389   802   798  
グレーターチャイナ 3,349 2 3,941 2 3,623 3 3,956 3
スコープ1 14   18   29   47  
スコープ2 3,335   3,923   3,594   3,909  
インターナショナルマーケット 4,628 2 4,155 3 2,695 2 2,636 2
スコープ1 3,635   3,417   2,092   2,181  
スコープ2 994   738   603   455  
合計 222,744   166,138   123,320   118,679  
スコープ1 98,500 - 70,898 - 63,276 - 63,691  
スコープ2 124,244   95,239   60,044   54,988  

非エネルギー起源GHG排出量は全体排出量の5%未満のため、開示データに含まれていません。
 

 

営業活動によるGHG排出低減(スコープ1)independent limited assurance

(単位:トン)
  2019年度 2020年度 2021年度
営業車利用による排出量(全社) 20,333 12,980 12,697

実燃料使用量を把握できない場合は、燃料購入費用、社用車・自家用車(営業活動に利用している場合)での平均的な年間燃料使用量などからCO2排出量を推定算出しています。アジア・オセアニア(一部を除く)のデータは含みません。
 

 

間接的な関わりによるGHG排出(スコープ3)independent limited assurance

  2019年度 2020年度 2021年度
上流のスコープ3排出量
カテゴリ GHG排出量
1 購入した製品・サービス 48,998トン 55,959トン 76,267トン
2 資本財 118,186トン 95,377トン 85,361トン
3 スコープ1、2に含まれない燃料及びエネルギー関連活動 21,586トン 30,601トン 30,590トン
4 輸送、配送(上流) 2,827トン 2,579トン 2,192トン
  原材料のローリー輸送 (188トン) (163トン) (168トン)
  工場→倉庫 (134トン) (109トン) (102トン)
  倉庫 (705トン) (720トン) (921トン)
  倉庫→卸 (1,800トン) (1,588トン) (1,001トン)
5 事業から出る廃棄物 2,016トン 2,605トン 1,496トン
6 出張(飛行機利用分) 33,844トン 5,008トン 2,006トン
7 雇用者の通勤 1,914トン 1,862トン 1,639トン
8 リース資産(上流) 算定対象外 算定対象外 算定対象外
下流のスコープ3排出量
カテゴリ GHG排出量
9 輸送・配送(下流) 算定対象外 算定対象外 算定対象外
10 販売した製品の加工 算定対象外 算定対象外 算定対象外
11 販売した製品の使用 排出実績なし 排出実績なし 該当なし
12 販売した製品の廃棄 582トン 544トン 466トン
13 リース資産(下流) 算定対象外 算定対象外 算定対象外
14 フランチャイズ 算定対象外 算定対象外 算定対象外
15 投資 算定対象外 算定対象外 算定対象外

*1 一部のサイトの購入電力量の2020年度データを修正したため、スコープ3カテゴリー3の値も修正しています。
*2 表中のデータ以外で、2021年度の日本国内以外の製品輸送(原薬・中間体等を含む)からのCO2排出量は17,529トンでした。

 

エネルギー使用量 independent limited assurance

(単位:TJ)

日本

2018年度 構成比
(%)
2019年度 構成比
(%)
2020年度 構成比
(%)
2021年度 構成比
(%)
液体燃料 62 2 49 2 39 1 44 2
気体燃料 1,036 34 905 33 866 33 869 34
購入熱 5 0 1 0 2 0 1 0
購入電力
再生可能エネルギー由来
1,964
-
64 1,764
-
65 1,710
669
65 1,673
668
65
自然エネルギー
太陽光
0.2
0.2
0
 
0.2
0.2
0
 
0.2
0.2
0
 
0.2
0.2
0
合計 3,068 - 2,720 - 2,617 - 2,587 -

 

(単位:TJ)
米国 2018年度 構成比
(%)
2019年度 構成比
(%)
2020年度 構成比
(%)
2021年度 構成比
(%)
液体燃料
再生可能エネルギー由来
129
0.6
41 110
0.1
43 68
0.0
21 52
0
16
気体燃料 21 7 11 4 52 16 45 14
購入熱 - - - - - - - -
購入電力
再生可能エネルギー由来
166
-
53
 
135
7
53
 
206
8
63
 
226
9
70
自然エネルギー
地中熱
0.0
0.0
0
 
0.0
0.0
0
 
0.0
0.0
0
 
0.0
0.0
0
合計 316 - 255 - 325 - 322 -

 

(単位:TJ)
エスタブリッシュドマーケット 2018年度 構成比
(%)
2019年度 構成比
(%)
2020年度 構成比
(%)
2021年度 構成比
(%)
液体燃料 114 19 96 17 61 13 70 14
気体燃料 96 16 84 15 73 15 87 17
購入熱 - - 1 0 1 0 4 1
購入電力
再生可能エネルギー由来
336
278
57
 
319
276
58
 
294
272
61
 
300
279
59
自然エネルギー
風力
木質バイオマス
地中熱
太陽光
47
6
39
2
-
8
 
 
 
 
54
6
46
2
0.4
10
 
 
 
 
54
7
45
2
0.4
11
 
 
 
 
47
5
41
0.6
0.4
9
合計 592 - 554 - 483 - 508 -

 

(単位:TJ)
グレーターチャイナ 2018年度 構成比
(%)
2019年度 構成比
(%)
2020年度 構成比
(%)
2021年度 構成比
(%)
液体燃料 0.6 1 0.1 0 0.3 1 0.6 1
気体燃料 0.2 0 0.1 0 0.2 0 0.2 0
購入熱 22 45 24 45 25 49 27 50
購入電力 26 54 29 54 25 50 26 49
自然エネルギー - - - - - - - -
合計 49 - 52 - 50 - 54 -

 

(単位:TJ)
インターナショナルマーケット 2018年度 構成比
(%)
2019年度 構成比
(%)
2020年度 構成比
(%)
2021年度 構成比
(%)

液体燃料
再生可能エネルギー由来

57
6

77
 

57
7

75
 

33
2

69
 

35
2

77
 

気体燃料 0.4 1 0.5 1 0.6 1 - -
購入熱 - - - - - - 1 3
購入電力 16 22 18 24 15 30 9 20
自然エネルギー - - - - - - - -
合計 73 - 75 - 48 - 45 -
 

 

 

水資源投入量と売上収益の推移 independent limited assurance

  2016年度 2019年度 2020年度 2021年度
水資源投入量(千m³) 8,774 7,493 7,564 7,394
日本 表層水 7,705 6,969 6,932 6,737
地下水 758 330 436 458
その他 - - - -
米国 表層水 146 8 24 53
地下水 - - - -
その他 - - - -
エスタブリッシュドマーケット 表層水 145 166 151 128
地下水 - - - -
その他 - - - -
  表層水 21 19 21 19
グレーターチャイナ 地下水 - - - -
  その他 - - - -
インターナショナルマーケット 表層水 - - - -
地下水 - - - -
その他 - - - -
売上収益 (十億円) 1,312 1,301 1,250 1,296
水資源生産性 (十億円/千m³) 0.15 0.17 0.17 0.18
改善率(2016年度比) - 16% 11% 17%

対象:国内外の研究、生産サイト
第三者保証の対象は、水資源投入量と水資源生産性です。

 

廃棄物発生量と売上収益の推移 independent limited assurance

  2016年度 2019年度 2020年度 2021年度
廃棄物発生量(トン) 13,899 13,922 14,352 13,882
日本 11,836 11,065 10,714 10,158
米国 54 71 361 576
エスタブリッシュドマーケット 1,956 2,637 3,228 3,043
グレーターチャイナ 54 149 50 105
インターナショナルマーケット - - - -
売上収益 (十億円) 1,312 1,301 1,250 1,296
廃棄物発生量原単位 (トン/十億円) 10.6 10.7 11.5 10.7
改善率(2016年度比) - -1% -8% -1%

対象:国内外の研究、生産サイト
第三者保証の対象は、廃棄物発生量と廃棄物発生量原単位です。

 

ポリ塩化ビフェニール(PCB)の保管状況independent limited assurance

重量 (kg)
(荷姿) 2019年度 2020年度 2021年度
ドラム缶 9,821 9,821 9,821

 

大気汚染

VOC、NOxの排出量の推移 independent limited assurance

(単位:トン)
物質 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
VOC 34 44 28 22 21
NOx 21 21 16 21 17

VOC:日本の工場、研究施設
NOx:日本の全事業拠点(営業所を除く)。
重油を燃料とする機器利用はないことから、SOx(硫黄酸化物)の排出はありません。
算定に用いる基礎データの適用の誤りがあったため、2017年度まで遡って修正(修正幅は平均3%)を行いました。

2021年度のPRTR法による届出対象物質の集計結果independent limited assurance

(単位:トン)
物質名称 製造量
使用量
排出量 移動量
大気 水域 土壌 廃棄物 下水道
アセトニトリル 17.783 0.121 0.000 0.000 13.618 0.000
クロロホルム 8.947 0.447 0.000 0.000 8.499 0.000
N, N-ジメチルホルムアミド 4.264 0.000 0.000 0.000 4.228 0.000
トルエン 5.647 0.000 0.000 0.000 5.647 0.000
n-ヘキサン 2.134 0.107 0.000 0.000 2.027 0.000
クロロジフルオロメタン(別名HCFC-22) 1.140 0.251 0.000 0.000 0.889 0.000

対象:日本の工場および研究施設

 

水質汚染

BOD負荷量の推移independent limited assurance

(単位:トン)

物質 2019年度 2020年度 2021年度
BOD 8 9 9
公共河川 7 8

8

下水道 1 1 1

対象:日本の工場、研究施設

 

排水量の推移independent limited assurance

(単位:千m3
放流先 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
排水量 8,293 8,058 7,061 7,038 6,810
公共河川 8,066 7,820 6,836 6,835 6,610
下水道 227 238 225 203 200

対象:日本の全事業拠点(営業所を除く)

 

より詳細は環境のページをご参照ください。