保健医療システム強化を目指し、グローバルで活動している4つの非営利団体を支援

アステラスは、2022年3月初旬、4団体に対し、特定の保健医療の課題(がん治療、眼科医療、顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases: NTDs))に特化した寄付を実施しました。4つのプログラムは、保健医療システム強化および健康に対する知識・理解の向上に寄与します。
 

がん患者さんに対する保健医療システムの強化(ペルー)

プログラム名
ペルー、アレキパ市におけるがん治療の質の向上を目的とした保健医療システムの強化
 

支援先

City Cancer Challenge Foundation (C/Can)

シティキャンサーチャレンジ財団(C/Can)
URL City Cancer Challenge 公式サイト


支援国
ペルー


ペルーのアレキパ市では、がんが公衆衛生上の課題として深刻化しています。ペルーでは、がんが死因の第2位となり、毎年約3.5万人が亡くなっています。がん対策は最も複雑な公衆衛生の取り組みの一つであり、保健医療システムの強化のためには革新的かつ社会全体で、多分野にわたる横断的なアプローチと対策が必要です。

この寄付により C/Can は、アレキパ市での保健医療システムの強化と向上に取り組みます。 C/Can はがん治療における多分野にわたる横断的な連携を行い、市の関係者によるアレキパ市全域で現地の状況を反映したがん治療の対策を分析、計画、実施する段階的なプロセスの促進を支援します。病理診断や質の高い治療提供などに重点を置き、市における資源や投資を最適化するための自立的なデジタルヘルス・エコシステムを導入します。またこのプログラムでは、公平で質の高いがん治療の提供に向けて、450人のがん専門家に対し、教育、体験学習、メンタープログラムなどを活用した能力育成を行います。

アレキパ市での C/Can の取り組みは、地域の保健医療システムに持続可能な影響を生み出し、2500人以上の患者さんに加え、最終的には市及び周辺地域に居住する280万人が、質の高いがん治療にアクセスすることを目指しています。

ペルー 画像
©2022 City Cancer Challenge
ペルー 画像
©2022 City Cancer Challenge

 

 

がん対策を推進(マレーシア)

プログラム名
BEAUTY (Bringing Education And Understanding To You) & Health
 

支援先

National Cancer Society Malaysia

マレーシア国立がん協会
URL National Cancer Society of Malaysia 公式サイト

 

Asia Cancer Forum

一般社団法人アジアがんフォーラム
URL Asia Cancer Forum 公式サイト

 

支援国
マレーシア


多民族国家のマレーシアでは、がん患者さんの約60%以上が進行がんのステージ(ステージ3または4)で診断されています。このような患者さんの多くは、治療を受ける機会や予防に関する知識を得る機会がほとんどありません。そのため、健康に関する教育やヘルスリテラシーのレベルが不十分な状態です。また多くのがん患者さんは、経済的な問題で定期的な治療を継続することが困難な状態です。

この寄付は、マレーシア国立がん協会と一般社団法人アジアがんフォーラムによるプログラムを通して、がん対策の取り組みを支援します。このプログラムでは、がん教育のためのデータベースを構築し、患者さんはこのデータベースを活用して、男性・女性に特有のがん検診についてのアドバイスを得ることができます。その他にも、肥満予防のコツや禁煙、食事のガイドラインなどの、がんのリスク管理に関する情報を得ることが可能です。また「マレーシアがん予防登録ポータル」に登録した患者さんは、患者さん自身の健康リスクを評価・管理するサイトを使用することができます。さらに、地域住民がよく利用する地元の店舗(理髪店や美容院をBEAUTY & Healthプログラムに利用)で、がん疾患啓発のためのコミュニティ参加型セッションを開催します。

2022年8月11日に、BEAUTY & Health プログラムのイベントがマレーシアで開かれ、プログラムが始動しました。詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

このプログラムは、健康教育とリテラシーの向上により、がんの予防と早期発見を促進し、100万人以上のマレーシア国民に寄与することを目標としています。

ペルー 画像
©2022 National Cancer Society Malaysia & Asia Cancer Forum
ペルー 画像
©2022 National Cancer Society Malaysia & Asia Cancer Forum

BEAUTY & Healthプログラムのイベント

 

 

農村部での包括的な眼科医療モデルの確立と強化(中国)

プログラム名
中国・安徽省における糖尿病網膜症における回避可能な失明の予防
 

支援先

The Fred Hollows Foundation

フレッド・ホローズ財団
URL The Fred Hollows Foundation 公式サイト


支援国
中国


糖尿病網膜症は失明や視覚障害を引き起こす世界の主要な原因の一つです。世界の成人の10人に1人は糖尿病に罹患しており、糖尿病を抱える人は誰でも、糖尿病網膜症を発症するリスクがあります。糖尿病網膜症による失明は、保健医療システムにおいて多大な負荷となっています。中国の糖尿病患者は世界の糖尿病患者の4分の1以上にのぼり、農村部の多くでは、眼科治療や糖尿病患者の網膜症検査に使用する施設や機器の需要が高まっています。

農村部での包括的な眼科医療モデルの確立と強化(中国)
©2022 The Fred Hollows Foundation

アステラスはフレッド・ホローズ財団に対して数年に渡る支援を実施し、中国・安徽省の農村部における包括的な眼科治療を提供します。約15万人の患者さんを支援し、4,400人以上の医療従事者のトレーニングを行います。ここでの医療モデルは、眼科医療サービスの使用機会、購入のしやすさ、患者さんのアクセス、有効性の向上に重点を置いています。この支援により、患者さんは適切な設備と対応能力を備えた眼科医療サービス(定期検診や糖尿病網膜症の基本的な管理など)を利用しやすくなります。

このプログラムへの支援により、糖尿病患者さんの眼科医療へのアクセスを改善し、糖尿病や糖尿病網膜症に対する知識・理解を高めることで、地域住民とともに保健医療体制を強化することに貢献できると考えています。

 

顧みられない熱帯病(NTDs)撲滅に向けた持続的な取り組み(インド)

プログラム名
ビハール州での顧みられない熱帯病に対するHABBITs(Health System Strengthening, Active Case finding efforts, Behavior change communication, Bridging the needs of community and local government, Improving access to health, Technical Support Unit and Social inclusion model of care)プロジェクト
 

支援先

World Vision

ワールドビジョン
URL World Vision 公式サイト


支援国
インド


インドは、主要な顧みられない熱帯病(NTDs)*の総患者数が世界の中でも多い国です。NTDsは主に寄生虫、細菌、ウイルス、真菌感染症のことで、熱帯・亜熱帯地域の開発途上国の貧困層を中心にまん延しています。NTDsは、生涯続く健康問題(身体障害、精神疾患など)や差別を引き起こす可能性があり、最悪の場合死に至ります。特に少女や女性にとってはより深刻です。また、NTDsは地域経済にも悪影響を及ぼし、社会経済的発展の妨げとなっています。

アステラスは、ビハール州における NTDs の撲滅を目指すワールドビジョンの取り組みを支援します。インド東部に位置するビハール州は、NTDsが蔓延している地域です。流行しているNTDsの調査、早期発見、医療機関への照会、徹底した症例管理という一連の流れは、感染者数の削減と疾病管理のための重要なアプローチとなります。このプログラムにより、感染者の早期発見を促進させ、感染者の管理の徹底をし、より強力な保健医療システムに貢献することができます。さらに、個人、家族、地域の各レベルでNTDに対する知識と理解、衛生習慣の向上に寄与することで、NTDに感染するリスクの低減が期待されます。最終的には、ビハール州全域でNTDs撲滅に向けた取り組みを推進するための持続可能な保健医療システムを構築していきます。

このプログラムは、インド・ビハール州の250万人以上の人々に貢献し、また政治的・経済的・社会的に弱い立場にある子どもたちや母親の健康にも寄与することが期待されています。

* https://www.who.int/health-topics/neglected-tropical-diseases#tab=tab_1