重要課題とマテリアリティ

変化する社会に柔軟に対応し
アステラスならではの観点で課題に挑む

アステラスは、マテリアリティとして社会とアステラスの双方にとって最も重要な課題を特定し、優先順位を付け、サステナビリティの取り組みの指針としています。社会および事業を取り巻く環境が著しく変化するなか、私たちの企業価値を持続的に向上させることを目的に、2021年度にマテリアリティ・マトリックスを改定しました。

新たなマテリアリティ・マトリックスでは、アステラスと社会の双方にとって重要な19の課題を選定し、うち9つを最重要課題(マテリアリティ)としました。この9つに最優先に取り組むことで、最先端の「価値」主導型ライフサイエンス・イノベーターへの変革、および社会の期待に応える事業活動の強化によって、アステラスと社会、双方のサステナビリティの向上を目指します。

マテリアリティ・マトリックス

Materiality Matrix


重要課題の定義についてははこちらをご覧ください(PDF)

 

重要課題の特定プロセス

ステップ1:重要課題の特定
SDGsや各種フレームワーク(国際統合報告フレームワーク、SASBスタンダード、GRIスタンダード、ISO26000、グローバル・コンパクトの10原則、TCFD提言)、ステークホルダーとのコミュニケーション、ESG調査の評価項目などを参考に、アステラスが取り組むべき重要課題を特定しています。
2021年度のマテリアリティ・マトリックスの更新では、前回の更新(2017年度)以降のサステナビリティの潮流変化に関する調査も実施し、経営計画2021との整合性、業界独自の課題を確認し、改めて19の重要課題を特定しました。
 
ステップ2:課題の優先順位付け
「社会にとっての重要性」と「アステラスにとっての重要性」の観点から、特定した社会課題に優先順位を付け、マテリアリティ・マトリックスを作成しました。「社会にとっての重要性」では、国際機関・政府や、NGO、投資家、業界団体などグローバルでのステークホルダーの関心の高さや、社会課題による経済損失規模に基づいて重要度を検討しました。「アステラスにとっての重要性」では、リスクだけでなく、アステラスのケイパビリティやアセットにより課題解決に貢献できる機会の有無を含めて検討し、経営層インタビューによる経営の視点も加えて重要度を検討しました。
 
ステップ3:レビューおよび最終化
機関投資家、業界団体、NPO、NGOなど多様なステークホルダーから提供される情報やインタビューにより内容を検証し、信頼性や客観性を担保しました。その後、社内の組織横断メンバーで構成される会議体(サステナビリティアドバイザリーパネル)での協議を経て、エグゼクティブ・コミッティ*における協議および取締役会での審議と承認がされました。

マテリアリティ・マトリックス更新の必要性については年1回サステナビリティ部門で確認しています。また、特定された最重要課題に対しては、取り組み目標と達成に向けたアクションプランを策定しています。

 

私たちは「変化する医療の最先端に立ち、科学の進歩を患者さんの価値に変える」というVISIONのもと、これらの重要課題の解決へ向けて、具体的なアクションを起こしていきます。

*アステラス製薬およびグループ会社における経営戦略、製品戦略、経営管理、人事等に関する重要事項を協議するコミッティ。業務執行の責任を担うトップマネジメント(取締役社長並びに経営戦略担当、経営管理・コンプライアンス担当、メディカル担当、販売統括担当、研究担当、財務担当、法務担当および製薬技術担当)から構成される。

 

 

関連リンク