医学振興支援

アステラスは、新しい知見が次々と明らかになることが医学の急速な発展に繋がっていると認識しています。医薬品の研究開発、医療システムや人的資源のキャパシティ向上に重要な医学知識の発展をアステラスは追求しています。そのため、医学の発展に貢献する医療や科学の研究・教育を支援しています。医療関係者などへの支援は、透明性を確保するため各国のガイドラインに沿って実施されます。

アステラスアカデミックサポート

アステラスは、アステラスアカデミックサポートとして、医学・薬学の教育活動への支援を実施しています。
具体的には、学会等を主とした医学・薬学に関連する団体の教育事業への財政的支援を対象にしています。

 

公益財団法人 アステラス病態代謝研究会

アステラスは、医学・生命科学の発展への貢献を目的に、高い透明性・公正性を確保しつつ、アカデミアによる研究活動を継続的に支援するため、アステラス病態代謝研究会を支援しています。
 
アステラス病態代謝研究会は、1969年に設立され、生命科学研究、とりわけ創薬・治療法の開発・実用化研究を奨励し、国民の保健と医療の発展及び治療薬剤の進歩に貢献することを目的 に活動しています。
同財団は、次の時代を切り拓く研究テーマへの研究助成、卓越した若手人材の発掘・育成・海外派遣のサポートを通じて、わが国の医学・生命科学に貢献しています。
研究助成では、「独創性、先駆性が高い萌芽的研究提案」あるいは「臨床的意義の高い成果が期待できる研究提案」を支援しており、また、以下の研究者を特に応援する等、先進的な支援を行っています。
・個人型研究を新たに提案する研究者
・女性研究者
・教室を立ち上げたばかりの研究者
・留学から戻られたばかりの研究者
・ライフイベント(出産、育児、介護)と研究を両立させている研究者
 
2021年度の研究助成金は、696名の応募の中から50名の研究者に、総額1億円が交付されました。また、海外留学補助金は、142名の応募に対し11名の研究者へ総額3,666万円が交付されました。

*アステラス病態代謝研究会はアステラスとは独立した団体です。


同財団についての詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。