環境への取り組み

私たちは、生命と自然の輝きに彩られた地球を守ります。

アステラスは、企業価値の持続的向上を使命とし、企業価値向上のため、患者さん、株主、社員、環境・社会など、すべてのステークホルダーから選ばれ、信頼されることを目指しています。企業行動憲章の一部にはEHS (Environment, Health & Safety) に関する項目「社員の人権・人格・個性を尊重するとともに、社内の多様性を指向し、安全で働きがいのある職場環境を確保する」「企業活動と地球環境の調和は経営の必須条件であることを強く認識し、地球環境の改善のために主体的に行動する」が掲げられており、EHSに関しても高い倫理観に基づいた行動が求められています。環境ページおよび社員のページ(安全衛生)では、EHSを通した企業価値の持続的向上のための取り組みについて情報開示を行います。

 

メッセージ

アステラスは事業活動および関連する取り組みを通じて社会の持続性の発展に貢献しています。サステナビリティ向上の取り組み強化はアステラスの戦略目標の一つとして経営計画2021 で新たに設定しました。環境はサステナビリティの中でアステラスが優先的に取り組むテーマの一つであり、この戦略目標達成のため、温室効果ガス排出削減のコミットメント達成による環境のサステナビリティ向上と、より透明性の高い情報の開示を行います。

2021年度のトピックとして、バイオマスプラチックを用いたPTP(Press Through Pack)シートの採用が挙げられます。このPTPシートはバイオマスプラスチックであるサトウキビ由来のポリエチレンを原料の 50%に使用する環境に優しい包装です。日本国内向けの製品で採用を開始しました。サステナビリティの観点でより優れた包装材料の活用は今後も検討します。

気候変動対策の取り組みの進捗は2022年2月に開催したサステナビリティミーティングで紹介しました。環境行動計画で設定した温室効果ガス排出量削減目標の達成に向けた進捗を紹介するとともに、2050年ネットゼロ宣言に向けて検討中であることを公表しています。またTCFDの提言に基づく情報開示を開始しました。気候変動にともなうリスクと機会の分析を行い、コーポレートサイトにて結果を公表しました。今後の取り組みとしては、国内生産拠点を中心に更なる再生可能エネルギー由来電力の導入と、営業車両のハイブリッド車、電気自動車の導入率の更なる向上が優先課題と認識しています。今後も環境サステナビリティの向上に向けた取り組みを継続します。

 

経営管理・コンプライアンス担当役員
櫻井 文昭

環境・安全衛生に関するポリシー

 

 

TCFD (Task Force on Climate-related Financial Disclosures):金融安定理事会(Financial Stability Board: FSB)により設置された気候関連財務情報開示タスクフォース。

 

アステラスと環境の関わり(2021年度実績)

アステラスでは研究・生産・営業・流通全般を通して、下記のように環境とかかわっています。

直接的な関わり

INPUT independent limited assurance OUTPUT
エネルギー 1 GHG排出 independent limited assurance
電気 225,744 MWh
(再エネ由来分
97,531 MWh)
スコープ14

63,691 トン
(うち、車両利用
12,697 トン)

都市ガス 19,860 千m3 スコープ2 54,988 トン
LPG 1,046 トン 大気汚染物質 independent limited assurance
LNG 991 トン NOx 5 17 トン
灯油 1 kL VOC6 21 トン
軽油 1,775 kL 水質汚濁物質 6
ガソリン 3,797 kL BOD independent limited assurance 9 トン
購入熱(温水・冷水) 7,487 GJ COD 24 トン
購入熱(蒸気) 23,234 GJ 排水independent limited assurance
その他再生可能エネルギー 41,365 GJ 排水量 7,009 千m3
資源 廃棄物 independent limited assurance
水 2 7,398 千m3 発生量 2 13,919 トン
原材料及び消耗品(重量把握分)3 4,316 トン 最終処分量5 95トン
原材料及び消耗品(体積把握分)3 387,868 kL  

1 アステラスの全事業拠点
2 日本の全事業拠点(営業所除く)および海外の生産、研究拠点。なお、海外事業所の排水量は、取水量と同値としています。
3 日本の全事業拠点
4 エネルギー起源CO2以外の温室効果ガス排出量は含まれていません。生産拠点(グローバル)および研究拠点(日本)から排出されたフロン類のCO2換算量は1,316トンでした。
5 日本の全事業拠点(営業所除く)
6 日本の生産、研究拠点

 

間接的な関わりによるGHG排出(スコープ3)independent limited assurance

上流のスコープ3排出量
カテゴリ GHG排出量
1 購入した製品・サービス 76,267トン
2 資本財 85,361トン
3 スコープ1、2に含まれない燃料及びエネルギー関連活動 30,590トン
輸送、配送(上流) 2,192トン
  原材料のローリー輸送 (168トン)
  工場→倉庫 (102トン)
  倉庫 (921トン)
  倉庫→卸 (1,001トン)
5 事業から出る廃棄物 1,496トン
6 出張(飛行機利用分) 2,006トン
7 雇用者の通勤 1,639トン
8 リース資産(上流) 算定対象外
下流のスコープ3排出量
カテゴリ GHG排出量
9 輸送・配送(下流) 算定対象外
10 販売した製品の加工 算定対象外
11 販売した製品の使用 該当なし
12 販売した製品の廃棄 466トン
13 リース資産(下流) 算定対象外
14 フランチャイズ 算定対象外
15 投資 算定対象外

 表中のデータ以外で、2021年度の日本国内以外の製品輸送(原薬・中間体含む)からのCO2排出量は17,529トンでした。

 

バリューチェーン全体でのGHG排出 independent limited assurance

アステラスの活動に伴うGHG排出は、グローバルで319千トンとなりました。ほぼすべての施設、営業車両の利用に伴うGHG排出を把握しています。

GHG ratio

 

スコープ1、2のほかに、継続してスコープ3の把握拡大に努めており、2021年度はアステラスが荷主となる製品等の輸送に伴うGHG排出の集約をはじめました。上記以外のデータで、カテゴリー4 輸送・配送(上流)に該当するGHG排出量は、航空輸送16,782トン、陸上輸送652トン、海上輸送95トンとなりました(第三者保証対象外)。今後スコープ3 GHG排出の情報として開示できるよう準備を進めています。