バナー


アステラスは研究開発の戦略であるFocus Areaアプローチという考え方に基づき、最先端のモダリティ/テクノロジーの活用に積極的に取り組んでいます。

ここでは重点的に研究開発投資を行っている細胞医療と遺伝子治療について、それぞれの基盤となる技術やケイパビリティ、戦略的なアプローチを紹介します。
 

革新的な細胞医療と遺伝子治療

近年、病気の治療に用いる革新的な手段として、細胞医療や遺伝子治療といった新しい「治療手段」が実用化され始めています。いまだ治療法のない病気で苦しむ患者さんに新しい治療法を届けたい。難病を患う方に、人生を変える希望の光をもたらしたい。このような思いで、アステラスは細胞医療や遺伝子治療がもつ可能性に注目しました。細胞医療や遺伝子治療は、病気の症状ではなくその原因に直接働きかけることができます。そのため、一回から数回の治療により病状を大きく改善させ、さらには根本治療にもなる可能性を秘めています。このような新しい治療手段は、患者さんやそのご家族、さらには社会全体に新たな「価値」をもたらす可能性があります。アステラスは、新たな治療手段を実際の治療法として患者さんに届けるために、日々努力を重ねています。

 

下記の資料では、細胞医療・遺伝子治療に関するアステラスの取り組みをご紹介しています。

 

関連リンク