アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、株式会社ネスタジャパン(本社:東京、代表取締役社長:東山 暦、以下「ネスタジャパン」)監修のもとで設計した、自宅で科学的根拠に基づいた運動プログラム*1を実施できる運動支援サービスFit-eNce HomeTM(フィットエンス ホームTM)の試験販売を本日開始しました。

 運動療法は、2型糖尿病をはじめとする様々な疾患の治療に有用であるとされています。しかし、医師が運動療法の具体的な指導内容を指示したり、患者さんが実施している運動メニューをすべて把握したりすることは難しい場合があります。一方、適切な運動メニューがわからないことが、患者さんの運動意欲低下につながり、運動の開始と継続における課題となることがあります。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、外出の制限やリモートワークの浸透など様々な生活環境の変化によって運動の機会が減少していることから、運動の頻度・量の維持改善は課題であると考えられます。

 Fit-eNce HomeTM(フィットエンス ホームTM)はこれらの課題を解消すべく、患者さんが医師による指導のもと、科学的根拠のある運動プログラムを自宅で継続的に実施できるよう構築された、新たな運動支援サービスです。本サービスで提供される運動プログラムは、ネスタジャパン監修のもとで、医学系研究で2型糖尿病患者さんの血糖コントロール改善に対する有用性が確認されたFit-eNce®*2の運動プログラムと同等の頻度・強度・量となるように設計されました。

 このサービスでは、まず医師から紹介を受けた患者さんが、専用のスマ-トフォンアプリで医師に利用申請し、医師から本サービスの利用についての承認を得た後、運動を開始します。運動プログラムは、有酸素運動とレジスタンス運動(標的とする筋肉に抵抗をかける動作を繰り返し行う運動)で構成され、有酸素運動は専用の動画と心拍計を用いて実施し、レジスタンス運動はトレーニングチューブを用いて実施します。患者さんはオンラインパーソナルトレーニングを通じて、スポーツトレーナーから個々の患者さんの体力に合った強度設定や具体的な運動の実施方法についてのアドバイスを受けることができます。患者さんは、運動記録をスマートフォンアプリを通じて医師に共有でき、医師は、専用システム上で個々の患者さんの運動履歴を確認し、患者さんとの日々の運動状況の確認やコミュニケーションに役立てることで、患者さんの運動継続をサポートすることが可能となります。医師は、Fit-eNce® 医療従事者向けサイト*3から医師登録が可能です。

 なお、科学的根拠のある運動プログラムをフィットネスクラブで継続的に実施する運動支援サービスFit-eNce®(フィットエンス®)は、神奈川県を対象とした地域限定販売を継続します。

 アステラス製薬はRx+®事業*4の一環として、医学と運動の融合による科学的根拠に基づいたヘルスケアソリューションの創出と提供を目指し、Fit-eNce®(フィットエンス®)およびFit-eNce HomeTM(フィットエンス ホームTM)を創成しました。引き続き、適切な運動が実践される社会、ひいては心身ともに健康に、自分らしく生きることのできる社会の実現を目指していきます。

以上