アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、6月3~7日開催の2022年米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology: ASCO)年次総会および6月9~12日開催の2022年欧州血液学会(European Hematology Association: EHA)年次総会において、がん領域ポートフォリオのデータを発表します。

 がん領域の製品と開発候補品に関して、前立腺がん、膵臓腺がん、尿路上皮がん、急性骨髄性白血病(Acute myeloid leukemia: AML)を含む進行がんおよび希少がんに対する治療の選択肢拡大につながる13の演題を発表する予定です。ゾルベツキシマブについて、Claudin18.2陽性の膵臓腺がんを対象とした第II相試験に関する発表は、今回が初めてです。

 2022年のASCO年次総会のハイライトは以下の通りです。

  • Claudin18.2陽性の転移性膵臓腺がん患者の治験中一次治療として、nab-パクリタキセルおよびゲムシタビンと、ゾルベツキシマブとの併用を評価した拡張第II相非盲検無作為化試験の概要
  • 白金製剤を含む化学療法およびPD-1またはPD-L1阻害剤による治療歴のある局所進行性または転移性尿路上皮がん患者を対象に、エンホルツマブ ベドチンと化学療法とを比較した第III相試験(EV-301試験)の長期(24カ月)データ
  • 転移性ホルモン感受性前立腺がん(metastatic Hormone-Sensitive Prostate Cancer: mHSPC)患者を対象に、エンザルタミドとアンドロゲン除去療法(Androgen Deprivation Therapy: ADT)併用投与群と、プラセボとADT併用投与群とを比較した第III相ARCHES試験の4つの事後解析

 2022年EHA年次総会のハイライトは以下の通りです。

  • 再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性AMLにおけるギルテリチニブと救援化学療法を比較した第III相COMMODORE試験のデータ(アンコール発表)
  • ヨーロッパと米国のAML患者におけるFLT3遺伝子変異の頻度を調査する非介入研究CLEVOの概要

 

2022年ASCO年次総会でのアステラス製薬の主な発表演題

エンホルツマブ ベドチン

演題 筆頭著者 発表形式および抄録番号
Long-term outcomes in EV-301: 24-month findings from the Phase 3 trial of enfortumab vedotin versus chemotherapy in patients with previously treated advanced urothelial carcinoma J. Rosenberg

発表形式:ポスター 
抄録番号:4516
日程:6月4日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer – Kidney and Bladder
発表時間:1:15 – 4:15 p.m. 米国中部標準時(夏時間、CDT)

ポスターディスカッション:Genitourinary Cancer – Kidney and Bladder
発表時間4:30 – 6:00 p.m. CDT

Benchmarking maintenance therapy survival in first-line advanced urothelial carcinoma using disease modeling M. Galsky 発表形式:ポスター 
抄録番号:4575
日程:6月4日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer – Kidney and Bladder
発表時間:1:15 – 4:15 p.m. CDT
Real-world treatment patterns and clinical outcomes with first-line therapy in cisplatin-eligible and ineligible patients with advanced urothelial carcinoma G. Sonpavde 発表形式:ポスター 
抄録番号:4565
日程:6月4日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer – Kidney and Bladder
Presentation: 1:15 – 4:15 p.m. CDT
Study EV-103 Cohort H: Antitumor activity of neoadjuvant treatment with enfortumab vedotin monotherapy in patients with muscle-invasive bladder cancer who are cisplatin-ineligible D. Petrylak 発表形式:ポスター
抄録番号:4582
日程:6月4日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer – Kidney and Bladder
発表時間:1:15 – 4:15 p.m. CDT

 

エンザルタミド

演題 筆頭著者 発表形式および抄録番号
Radiographic progression in the absence of prostate-specific antigen (PSA) progression in patients with metastatic hormone-sensitive prostate cancer (mHSPC): Post hoc analysis of ARCHES A. Armstrong 発表形式:ポスター
抄録番号:5072
日程:6月6日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer—Prostate, Testicular, and Penile
発表時間:1:15 – 4:15 p.m. CDT
Prevalence of DNA damage repair (DDR) alterations in patients with metastatic hormone-sensitive prostate cancer (mHSPC) receiving enzalutamide (ENZA) or placebo (PBO) plus androgen deprivation therapy (ADT): ARCHES post hoc analysis A. Azad 発表形式:ポスター
抄録番号:5074
日程:6月6日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer—Prostate, Testicular, and Penile
発表時間:1:15 – 4:15 p.m. CDT
The association of germline HSD3B1 genotype with outcomes in metastatic hormone-sensitive prostate cancer (mHSPC) treated with androgen deprivation therapy (ADT) with or without enzalutamide (ENZA) [ARCHES] N. Sharifi 発表形式:ポスター
抄録番号:5022
日程:6月6日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer—Prostate, Testicular, and Penile
発表時間:1:15 – 4:15 p.m. CDT
Clinical outcomes and safety of enzalutamide (ENZA) plus
androgen-deprivation therapy (ADT) in metastatic hormone-sensitive prostate cancer (mHSPC) in patients aged <75 and ≥75 years: ARCHES post hoc analysis
R. Szmulewitz

発表形式:ポスター
抄録番号:5069
日程:6月6日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer—Prostate, Testicular, and Penile
発表時間:1:15 – 4:15 p.m. CDT

Reasons for oncologist and urologist treatment choice in metastatic castration-sensitive prostate cancer (mCSPC): A physician survey linked to patient chart reviews in the United States S. Freedland 発表形式:ポスター
抄録番号:5065
日程:6月6日
ポスターセッション:Genitourinary Cancer—Prostate, Testicular, and Penile
発表時間:1:15 – 4:15 p.m. CDT
Patient preferences for treatment and outcomes in hormone-sensitive prostate cancer (HSPC) D. George 発表形式:Abstract publication 
抄録番号:e18757

 

ゾルベツキシマブ

演題 筆頭著者 発表形式および抄録番号
Zolbetuximab plus gemcitabine and nab-paclitaxel (GN) in first-line treatment of Claudin 18.2-positive metastatic pancreatic cancer (mPC): Phase 2, open-label, randomized study W. Park 発表形式:ポスター
抄録番号:TPS4186
日程:6月4日
ポスターセッション:Gastrointestinal Cancer—Gastroesophageal, Pancreatic, and Hepatobiliary
発表時間:8 – 11 a.m. CDT

 

2022年EHA年次総会でのアステラス製薬の主な発表演題

ギルテリチニブ

演題 筆頭著者 発表形式および抄録番号
CLEVO: a non-interventional study to investigate clonal evolution of FMS-like tyrosine kinase 3 (FLT3)
gene mutations during disease progression in patients with acute myeloid leukemia 
P. Vyas 発表形式:Abstract publication
抄録番号:PB1834
Gilteritinib versus salvage chemotherapy for relapsed/refractory FLT3-mutated acute myeloid leukemia: a Phase 3, randomized, multicenter, open-label trial in Asia J. Wang 発表形式:ポスター
抄録番号:P554

 

 本件は、欧州および米国において現地時間5月12日に対外発表しています。

以上

メディアからのお問い合わせ
コーポレートアドボカシー&リレーションズ部
TEL: 03-3244-3201 
受付時間:月曜~木曜日 8:45~17:45、金曜日 8:45~16:00(土日・祝日・会社休日を除く)