アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、公益社団法人日本証券アナリスト協会が、ディスクロージャー(企業情報開示)の促進・向上を目的として実施している「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定」において、2021年度(第27回)ディスクロージャー優良企業医薬品部門の第1位に選定されました。

 今回の受賞において、当社が高く評価いただいた主な点は以下の通りです。

  • 経営陣が積極的に情報発信や対話を行うなど、IR姿勢が大きく向上したこと
  • IR部門に十分な情報が蓄積されており、証券アナリストや機関投資家がIR担当者と有益な対話ができていること
  • 中期経営計画(「経営計画2021」*1)を公表し、その後の進捗状況・達成のための具体的方策が十分に説明されていること、また、資本政策、株主還元策等が十分に説明されていること
  • 中期経営計画の開示資料に株式市場のニーズが取り入れられていること

 アステラス製薬は、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」という経営理念の下、研究開発志向型の企業として、常に挑戦を続け、革新的な新薬と自社の強みを活かした医療ソリューションを提供しています。また、企業価値向上のため、お客様、株主、社員、環境・社会など、すべてのステークホルダーから選ばれ、信頼されることを目指しています。

 当社の情報開示の姿勢として、上市製品の価値や判明した臨床試験結果を適時適切に開示することに加え、研究・開発中のプロジェクトについてはその特徴に加えて上市時に社会に与える影響をステークホルダーの皆様に積極的に説明しています。また、当社からの一方的な発信にならないよう、ステークホルダーの皆様の要望・ニーズに合わせて柔軟に情報提供する機会を持つように努めています。このような取り組みから、当社のアドボカシー活動の向上を感じ取っていただけたことが、この度の評価につながったと考えています。

 今後も、ステークホルダーの皆様との対話を深め、企業としての透明性を一層高めていくとともに、さらなるディスクロージャーの充実と質の向上に努めます。

ディスクロージャー優良企業

 「ディスクロージャー優良企業」の詳細については、公益社団法人日本証券アナリスト協会のウェブサイト(http://www.saa.or.jp/standards/disclosure/selectiont/index.html)をご覧ください。こちらのウェブサイトでは、代表取締役社長CEOの安川 健司による、受賞メッセージ動画も公開されております。

 以上

*1: コーポレートサイト「経営計画2021」 https://www.astellas.com/jp/ja/about/csp2021