ファイザー株式会社(本社:東京、社長:岩崎 博充)とアステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:野木森 雅郁、以下「アステラス製薬」)は、持続性Ca拮抗薬/HMG-CoA還元酵素阻害剤「カデュエット®配合錠」(一般名:アムロジピンベシル酸塩・アトルバスタチンカルシウム水和物配合剤)に関し、日本国内におけるコ・プロモーション(共同販促)契約を締結しましたので、お知らせします。

 本契約に基づき、ファイザー株式会社はカデュエット配合錠の製造と販売を行い、アステラス製薬と共にプロモーション活動を実施します。売上は、ファイザー株式会社に計上され、アステラス製薬は両社合意した方法により対価を受領します。なお、本契約の有効期間は、2016年7月までとなります。

 カデュエット配合錠は、ファイザー株式会社が販売する高血圧症・狭心症治療薬「ノルバスク®錠」(一般名:アムロジピンベシル酸塩)とファイザー株式会社とアステラス製薬で共同販促する高コレステロール血症治療剤「リピトール®錠」(一般名:アトルバスタチンカルシウム水和物)の有効成分を配合した経口治療剤です。医療現場において最も汎用されている高血圧症・狭心症治療薬と高コレステロール血症治療剤を配合して、1剤で双方の治療を可能にした薬剤であり、服薬アドヒアランス(治療継続)の向上が期待できます。現在、70以上の国と地域で承認されていますが、日本ではファイザー株式会社が2009年7月7日に製造販売承認を取得しました。

 ファイザー株式会社とアステラス製薬は、日本においてリピトール錠の販売・販促を通じた協働関係を築いています。こうした協働関係をベースに両社は今後、カデュエット配合錠の製品価値の最大化を図るとともに、高血圧症・狭心症ならびに高コレステロール血症・家族性高コレステロール血症の治療に一層の貢献ができるものと期待しています。
 なお、カデュエット配合錠は、薬価収載後に発売する予定です。

 

以 上