Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index Component

世界の代表的な社会的責任投資(Socially Responsible Investment、 以下「SRI」)指数「Dow Jones Sustainability Indices」(以下、「DJSI」) のアジア·太平洋版である「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」の対象銘柄 として、6年連続で採用されています。
DJSIはDow Jones社(米国)とRobecoSAM社(スイス)が作成する世界の代表的な SRIの指数で、経済・環境・社会の3分野から企業の持続可能性を評価するものです。
「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」は、日本・アジア・オセアニア地域の企業を 対象とした指数で、今回、同地域における主要対象企業約600社の内、146社が採用され、 日本企業ではアステラス製薬を含め68社が組み入れられました。

DJSI ウェブサイトはこちらよりご覧いただけます。

FTSE4Good Sustainability Index

社会的責任投資(Socially Responsible Investment: SRI)の世界的指数である「FTSE4Good Index Series」の対象銘柄として5年連続で採用されています。
FTSE Russell(英国)が作成するFTSE4Good Index Seriesは、環境・社会・ガバナンスの側面から企業の持続可能性を評価する指標です。
「Dow Jones Sustainability Index」 (以下、「DJSI」)のアジア・太平洋版である「DJSI Asia Pacific Index」とともに、SRIの 代表的な指数として、企業の社会的責任に関心を持つ世界中の投資家にとって重要な投資選択基準 となっています。

FTSE4Good ウェブサイトはこちらよりご覧いただけます。

「CDP気候変動レポート2015」気候変動情報開示の先進企業に選定

CDP(旧名称:Carbon Disclosure Project)が公表した「CDP気候変動レポート2015」において、気候変動に関する 情報開示が特に優れた企業として、「CDPジャパン500クライメート・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(以下、「CDLI」)」に選定されました。
CDPは、気候変動情報に関する質問書を、調査対象の日本企業500社(FTSEジャパンインデックスを基本とする大手企業)へ送付しています。回答企業のうち上位10%がCDLIとして認められますが、アステラス製薬は、気候変動に関する情報開示レベルを評価するディスクロージャースコアにおいて、満点にあたる100点を獲得し、CDLIに選定されました。

CDP ウェブサイトはこちらよりご覧いただけます。

Best Workplaces in Canada 2016

アステラス・ファーマ・カナダは、2016年にGreat Place to Work® Institute Canadaより、 「Best Workplaces in Canada」に選出され、「大企業・多国籍企業部門」と「女性が働きやすい職場部門」の二部門で受賞しました。

Great Place to Work® Canada ウェブサイトはこちらよりご覧頂けます。

女性活躍の取り組みに優れた企業として「なでしこ銘柄」に選定

女性活躍推進に優れた上場企業として、経済産業省および東京証券取引所 (以下「東証」)より2015年度「なでしこ銘柄」に選定されています。
2015年度の「なでしこ銘柄」は、従来の東証一部に加え、東証二部、マザーズ、JASDAQ の上場企業の中から、「女性のキャリア促進」と「仕事と家庭の両立サポート」の 女性活躍に関する二つの視点のほか、直近3年間のROE(株主資本利益率) の水準などをもとに評価・選定されました。

経済産業省 なでしこ銘柄 ウェブサイトはこちらよりご覧いただけます。

「ダイバーシティ経営企業100選」に選定

経済産業省が表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」に選定されています。
経済産業省では、「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を表彰する 「ダイバーシティ経営企業100選」を実施しており、アステラス製薬は、製薬会社として初めて表彰 されました。

経済産業省 ダイバーシティ経営企業100選 ウェブサイトはこちらよりご覧頂けます。