日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(本社:東京、代表取締役社長:青野 吉晃、以下「日本ベーリンガーインゲルハイム」)とアステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、テルミサルタン製剤(ミカルディス®ファミリー)の日本国内における販売契約について、契約期間を2020 年 3 月 31 日まで延長することに合意しましたので、お知らせします。なお、コ・プロモーション契約に変更はなく、契約期間は 2018 年 3 月 31 日までとなります。

 ミカルディス®ファミリーは、持続性アンジオテンシン II 受容体拮抗薬「ミカルディス®錠20 mg/40 mg/80 mg」(一般名:テルミサルタン)、テルミサルタン/持続性カルシウム拮抗薬アムロジピンベシル酸塩配合剤「ミカムロ®配合錠 AP/BP」、テルミサルタン/サイアザイド系利尿薬ヒドロクロロチアジド配合剤「ミコンビ®配合錠 AP/BP」、テルミサルタン/持続性カルシウム拮抗薬アムロジピンベシル酸塩/サイアザイド系利尿薬ヒドロクロロチアジド配合剤「ミカトリオ®配合錠」を含みます。

 本契約の改訂に伴う当期の業績に与える影響はありません。

以上

テルミサルタンについて
テルミサルタンは、ベーリンガーインゲルハイムにより創製・開発された持続性アンジオテンシン II タイプ 1(AT1)受容体拮抗薬(ARB)で、日米欧を含む 100 カ国以上で承認されています。日本において、ミカルディスファミリーは、日本ベーリンガーインゲルハイムが製造し、アステラス製薬が販売を行い、両社でコ・プロモーション(共同販促)をしています。なお、日本での効能・効果は「高血圧症」です。

日本ベーリンガーインゲルハイムについて
研究開発主導型の製薬企業ベーリンガーインゲルハイム(http://www.boehringer-ingelheim.com/)は、130 年以上にわたり、医療用医薬品と動物用医薬品において革新的な医薬品を提供してきました。ベーリンガーインゲルハイムは世界におけるトップ 20 製薬企業の 1 つで、株式を公開しない独立した企業形態を維持しています。日本では日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社が医療用医薬品ビジネス、ベーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパン株式会社とメリアル・ジャパン株式会社が動物用医薬品ビジネス、そしてベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社が医療用医薬品製造を担っており、ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社が上記 4 つの事業会社にサービスを提供しています。(http://www.boehringer-ingelheim.jp/

アステラス製薬について
アステラス製薬株式会社(https://www.astellas.com/ja)は、東京に本社を置き、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に掲げる製薬企業です。既存の重点疾患領域である泌尿器、がん、免疫科学、腎疾患、神経科学に加えて、新たな疾患領域への参入や新技術・新治療手段を活用した創薬研究にも取り組んでいます。さらには各種医療・ヘルスケア事業との融合による新たな価値創出にも挑戦しています。アステラス製薬は、変化する医療の最先端に立ち、科学の進歩を患者さんの価値に変えていきます。

お問い合わせ先:

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
広報部
TEL: 03-6417-2145 FAX: 03-5435-2920

アステラス製薬株式会社
広報部
TEL: 03-3244-3201 FAX: 03-5201-7473