2017年7月

Global
ニュース / プレスリリース
- 急性骨髄性白血病治療を目的として開発中 - アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:畑中 好彦、以下「アステ ラス製薬」)は、選択的 FLT3/AXL 阻害剤ギルテリチニブ(一般名、開発コード:ASP2215) が、急性骨髄性白血病(AML)の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)よりオーファンド ラッグ(希少疾病用医薬品)の指定を受けましたのでお知らせします。オーファンドラッグ指 定は、米国内の患者数が 20 万人未満となる疾患に対して、安全かつ有効な治療や診断、 又は予防を目的とした薬剤及び生物学的製剤が対象となります。 アステラス製薬の子会社である Astellas Pharma Global Development,Inc の senior vice president 及び therapeutic area head, oncology develo...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
マルホ株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:高木幸一、以下、「マルホ」)と、アステラス製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長CEO:畑中好彦、以下、「アステラス製薬」)は、アステラス製薬が有するアトピー性皮膚炎治療剤「プロトピック®軟膏0.1%」及び「プロトピック®軟膏0.03%小児用」(一般名:タクロリムス水和物、以下、プロトピック®軟膏)の日本における製造販売承認を2017年10月1日付けでマルホが承継することとなりましたので、お知らせします。 プロトピック®軟膏は抗炎症作用を有するアトピー性皮膚炎治療剤として、1999年6月に世界に先駆けて日本で承認され、同年11月に藤沢薬品工業(現アステラス製薬)から発売されました。現在、世界75ヵ国以上*で使用されています。マルホは、2011年4月よりプロトピック®軟膏の国内におけるプロモーション活動を受託し、2014年4月からは販売を受...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:畑中 好彦、以下「アステ ラス製薬」)は、社会的責任投資(Socially Responsible Investment: SRI)の世界的指数 である「FTSE4Good Index Series」の対象銘柄として 6 年連続で採用されましたので、お 知らせします。 FTSE4Good Index Series は、FTSE Russell* 1(英国)により作成される環境・社会・ガ バナンスの側面から企業の持続可能性を評価する指標です。「Dow Jones Sustainability Index」(以下、「DJSI」)のアジア・太平洋版である「DJSI Asia Pacific Index」とともに、SRI の代表的な指数として、企業の社会的責任に関心を持つ世界中の投資家にとって重要な 投資選択基準となっています。FTSE...
もっと詳しく
Global
ニュース / ストーリー
準備中
もっと詳しく