ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

アステラス製薬についてへのリンク

ここから本文です

医療関係者等に対する支払い

「医療関係者等との連携活動に関するアステラス透明性ポリシー」に基づき、医療関係者等との連携活動に伴う金銭支払い実績を公開いたします。


対象期間:2015年4月1日〜2016年3月31日

2015年度実績
区分 項目 公開対象 年間の総額
(百万円)
 
A.研究費開発費等 1) 共同研究費 年間の総額 1,873 原末等 129.4185(g)
2) 委託研究費 年間の総額 61 -
3) 臨床試験費 年間の総額 4,470 -
4) 製造販売後臨床試験費 年間の総額 1,273 -
5) 副作用・感染症症例報告費 年間の総額 12 -
6) 製造販売後調査費 年間の総額 735 -
B.学術研究助成費 1) 奨学寄附金 研究機関(教室)毎の年間の件数と総額 1,561 -
2) 一般寄附金 研究機関毎の年間の件数と総額 262 -
3) 学会等寄附金 学会等毎の寄附額 101 -
4) 学会等共催費 学会等毎の支払額 217 -
5) 一般寄附(物品類の提供) - - -
C.原稿執筆料等 1) 講師謝金 年間の総額、医療関係者毎の年間の件数と総額 828 -
2) 原稿執筆料・監修料 年間の総額、医療関係者毎の年間の件数と総額 73 -
3) コンサルティング等業務委託費 年間の総額、医療関係者毎の年間の件数と総額 108 -
D.情報提供関連費 1) 講演会等会合費 年間の件数と総額 4,287 年間の件数:6,267件
2) 説明会費 年間の件数と総額 1,479 年間の件数:69,345件
3) 医学・薬学関連文献等提供費 年間の総額 635 -
E.その他の費用 1) 接遇等費用 年間の総額 315 -

区分Bおよび区分Cの具体的な支払い情報については、以下のサイトにて公開します。

A.研究費開発費等: 当社が医療機関等と共同または委託して行う基礎研究とGCP省令等の公的規制のもとで実施されている臨床試験や、新薬開発の治験及び製造販売後臨床試験が含まれ、またGPSP省令、GVP省令等の公的規制のもと実施される副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用が含まれる。

B.学術研究助成費: 学術研究の振興や研究助成等を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、及び学会等の会合開催費用の支援としての学会等寄附金、学会等共催費。

C.原稿執筆料等: 自社医薬品をはじめ医学・薬学に関する科学的な情報等を提供するため、もしくは研究開発に関わる講演、原稿執筆や監修、その他のコンサルティング等の業務委託の対価として支払われる費用等。

D.情報提供関連費: 医療関係者に対する自社医薬品や医学・薬学に関する情報等を提供するための講演会、説明会等の費用。

E.その他の費用: 社会的儀礼としての接遇等の費用。

  • B.学術研究助成費のうち奨学寄附金・一般寄附金・学会等寄附金は(消費税課税対象外のため)消費税は含まれておりません。学会等共催費は消費税抜きの金額を示しています。C.原稿執筆料等は源泉税抜き・消費税込み、その他(A.研究費開発費等、D.情報提供関連費、E.その他の費用)は消費税抜きの金額を示しています。
  • B.学術研究助成費およびC.原稿執筆料等には、当社国内グループ会社が支払った実績を含みます。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり