アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)、日東電工株式会社(本社:大阪、社長:髙﨑 秀雄、以下「Nitto」)および株式会社エムハート(本社:岩手、代表取締役:水沼 吉美、以下「エムハート」)は、使い切りホルター心電計「EG Holter」のパイロット販売に関する契約を締結しました。同契約に基づき、アステラス製薬は国内の医療関係者向けに電子商取引(EC)サイトを開設し、本日からパイロット販売(5,000台限定)を開始します。

 これはアステラス製薬のRx+®事業において、ECサイト上で製品を販売する初めての取り組みです。パイロット販売でビジネスモデルを検証後、本格展開を検討していきます。

 EG HolterはNittoが設計、開発したホルター心電計であり、使い切り仕様のため、メンテナンスが不要で、衛生的です。本体は厚さ6 mm、重さ11 gと小型かつコードレスで付け外しが簡便なうえに、防水性能(IPX4)を備えています。

EG Holter

EG Holter

 EG Holterによって得られたデータは、アステラス製薬とエムハートが共同開発したホルタ解析装置用プログラム「マイホルターII」で解析されます。マイホルターIIは、ホルター型心電図検査のデータを独自の人工知能(AI)を用いた解析アルゴリズムにより解析するシステムです。EG HolterおよびマイホルターIIは、エムハートが医療機器(クラスII)としての認証を取得しています。

 EG Holterを利用する患者さんは、心電図検査のデータを計測後にEG Holterを専用封筒で受付センターに直接郵送することが可能となるため、返却のために医療機関へ足を運ぶ必要がなくなります。また、医療機関はマイホルターIIを経由してオンラインで検査結果を入手できます。

EG Holter、マイホルターIIによる解析の流れ

EG Holter、マイホルターIIによる解析の流れ

 心疾患を始めとする循環器系疾患の国内における医科診療医療費は年間6兆円を超え、傷病分類別で最多となっています1。中でも、心臓にできた血栓が脳や頸部の動脈に詰まることによって起こる心原性脳塞栓症は死亡率が高く(2割)、また、寝たきりなどの重い後遺症が残るケースが多い(4割)とされています2。この心原性脳塞栓症の原因の4分の3とされるのが心房細動で2、早期発見が極めて重要です。

 アステラス製薬、Nittoおよびエムハートは、EG Holterによる利便性の高い心電図検査と、マイホルターIIによるデータ解析を組み合わせたトータルソリューションを提供することによって、国内で70万人以上の患者さんがいると推定される心房細動2等の早期発見、適切な治療につなげることで、健康寿命延伸への貢献を目指します。

以上

メディアからのお問い合わせ
コーポレートアドボカシー&リレーションズ部
TEL: 03-3244-3201 
受付時間:月曜~木曜日 8:45~17:45、金曜日 8:45~16:00(土日・祝日・会社休日を除く)