- 次世代のがん治療法の研究開発を加速 -

 アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、完全子会社であるXyphos Biosciences, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、以下「Xyphos社」)を通じて、GO Therapeutics, Inc.(米国マサチューセッツ州、Co-Founder & CEO: Constantine Theodoropulos、以下「GO社」)と、新規のがん免疫療法プログラムに関する共同研究およびライセンス契約を締結しました。

 GO社は、糖タンパク質研究(グライコプロテオミクス)における先端の知見を応用し、がん細胞を特異的に標的とする抗体を応用したがん治療法の開発に取り組んでいます。またXyphos社は、convertibleCAR®(Chimeric Antigen Receptor: キメラ抗原受容体)を用いた独自技術プラットフォームであるACCEL技術を有しています。

 今回の契約において、両社は独占的に、2種類のがん細胞特異的糖タンパク質を標的とする新規抗体を同定し、これら抗体を広範囲の治療法に応用することを目指します。GO社は2種類の標的に対する抗体を見いだす共同研究を主導します。またアステラス製薬はGO社より提供される抗体を応用した治療法に関する研究、臨床開発および商業化を担います。

 本契約により、Xyphos社は契約一時金としてGO社に2,050万米ドルを支払います。さらに、Xyphos社はプログラムの進捗に応じたマイルストン等として合計7億6,300万米ドルをGO社に支払う可能性があります。

 今回の契約について、GO社のCo-Founder & CEO Constantine Theodoropulos氏は「アステラス製薬とのコラボレーションにより、新しいがん免疫治療を開発できることを嬉しく思います。GO社の標的や抗体に関する知見と、アステラス製薬のACCEL技術の組み合わせにより、より高い治療効果を持つ、次世代のがん治療法が創出されることを期待しています。これにより、がん専門医は、正常な組織へのダメージを抑えながら、固型がんに対して効果を高めた、抗体を用いた免疫療法ができるようになります」と述べています。

 また、アステラス製薬の代表取締役副社長 経営戦略担当の岡村直樹は、「アステラス製薬は研究開発戦略であるFocus Areaアプローチの中で、特に注力しているPrimary Focusの一つに『がん免疫』があります。今回の提携により、両社の最先端の研究が相乗効果をもたらし、アンメットメディカルニーズの高いがん患者さんのための新しい治療法の開発につながるものと確信しています」と述べています。

 なお、本件によるアステラス製薬の通期(2023年3月期)連結業績への影響は軽微です。

 

以上

メディアからのお問い合わせ
コーポレートアドボカシー&リレーションズ部
TEL: 03-3244-3201 
受付時間:月曜~木曜日 8:45~17:45、金曜日 8:45~16:00(土日・祝日・会社休日を除く)
お問い合わせフォームはこちら