アステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長CEO:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)とトーアエイヨー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:髙橋 敦男、以下「トーアエイヨー」)は、アステラス製薬が製造販売する高リン血症治療剤『キックリン®カプセル250mg (以下「キックリン®カプセル」)』及び『キックリン®顆粒86.2% (以下「キックリン®顆粒」)』(一般名:ビキサロマー)について、本年10月より共同販促を行うことに合意し、契約を締結しましたのでお知らせ致します。

  キックリン®カプセル及びキックリン®顆粒は、これまでアステラス製薬が販売し、アステラス製薬と株式会社三和化学研究所が共同販促を行っていましたが、本契約に基づき、新たにトーアエイヨーも販促を行います。今回の提携により、キックリン®カプセル及びキックリン®顆粒の医薬情報活動を更に充実させ、慢性腎臓病患者さんの高リン酸血症治療により一層の貢献ができるものと考えております。

  ビキサロマーは、米国Ilypsa, Inc.(現Amgen Inc.子会社)が創製し、2006年4月にアステラス製薬が日本における独占的開発・販売に関するライセンス契約を締結し、日本での開発を行い、2012年6月に透析中の慢性腎不全患者における高リン血症の改善の効能・効果でキックリン®カプセルを発売しました。2016年2月には保存期の慢性腎臓病患者における高リン血症の改善の効能・効果追加の承認を取得しています。さらに、2016年12月には追加剤形としてキックリン®顆粒を発売しています。

以 上