グローバルスタンダードで経営を検証

アステラスは、ISO26000で取り上げられている社会的責任の中核主題や課題の特定・検討・評価に取り組んできました。

ISO26000とは

ISOはスイスのジュネーブに本部を置く、電気・電子技術分野を除く全産業分野における国際規格を策定するための民間の非政府組織です。 ISOが「地球社会の持続可能な発展」のために企業を含むあらゆる組織に行動を促すための規格案としてISO26000というガイダンス文書が作成されました。

2005年から5年にわたり、政府・産業界・労働・消費者・NGOなどのマルチステークホルダーによる作業部会で議論を進め、2010年11月に正式発行されました。

ISO26000では、社会的責任の範囲を定義し、関連する課題を特定し優先順位を設定するために、組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コミュニティ参画及び開発の7つの中核主題を検討することが望ましいと示されています。

ISO26000とアステラスの取り組み

ISO 26000

アステラスの取り組み

ESG  
分類

 

7つの中核
課題

中核課題詳細

組織統治

課題1:意思決定プロセスと構造 G

人権

課題1:デューデリジェンス

課題2:人権に関する危機的状況

課題3:加担の回避

課題4:苦情解決

課題5:差別および社会的弱者

課題6:市民的および政治的権利

課題7:経済的,社会的および文化的権利

課題8:労働における基本的原則および権利

ビジネスパートナーに対して 社員に対して   S
労働慣行

課題1:雇用および雇用関係

課題2:労働条件および社会的保護

課題3:社会対話

課題4:労働における安全衛生

課題5:職場における人材育成および訓練
 

S
公正な事業慣行

課題1:汚職防止


課題2:責任ある政治的関与


課題3:公正な競争


課題4:影響力の範囲における社会的責任の推進


課題5:財産権の尊重

S
消費者課題

課題1:公正なマーケティング、事実に即した偏りのない情報、および公正な契約慣行


課題2:消費者の安全衛生の保護


課題3:持続可能な消費


課題4:消費者に対するサービス、支援、ならびに苦情および紛争の解決


課題5:消費者データ保護及びプライバシー


課題6:必要不可欠なサービスへのアクセス


課題7:教育および意識向上

S
環境

課題1:汚染の予防


課題2:持続可能な資源の使用


課題3:気候変動の緩和及び気候変動への適応


課題4:環境保護、生物多様性および自然生息地の回復

E

コミュニティ参画及び発展

 

課題1:コミュニティ参画


課題2:教育および文化


課題3:雇用創出および技能開発


課題4:技術開発および技術へのアクセス


課題5:富および所得の創出


課題6:健康


課題7:社会的投資

S