アステラスは、患者さんをはじめとする多様な方々との関わりの中で事業活動を行っています。中でも、患者さんや医療従事者、社員、株主・投資家などへ事業活動が与える影響は大きく、特に重要なステークホルダーと考えています。

アステラスの事業活動を支えるステークホルダーと真摯に向き合い、その期待と要請を理解することは、ステークホルダーからの信頼の獲得と、アステラスの企業価値の持続的向上に必要不可欠です。

そのためアステラスは、さまざまな機会を通じてステークホルダーとコミュニケーションを取っています。また、建設的な対話を促進するために、すべてのステークホルダーに対して適時・適切かつ公平に情報を開示しています。

私たちはこのような情報開示と継続的なコミュニケーションを通じて、企業としての透明性を一層高めていくとともに、社会の持続可能性向上とアステラスの企業価値の持続的向上の実践を目指しています。

アステラスグループを取り巻く主なステークホルダー

主なコミュニケーションの機会

患者さん・ 医療従事者
  • MRを通じた医薬品情報の提供
  • 製品に関する問い合わせ窓口応対
  • 被験者・治験実施医に対する治験に関する情報の提供
  • 患者会支援のための研修やイベントの開催
社員
  • 経営幹部との意見交換会、人事評価・キャリア面談、労使協議の実施
  • 社内報や社内イントラネットによる情報発信
  • 社内外ヘルプラインによる応対
株主・投資家
  • 株主総会、経営計画・R&D計画などの説明会
  • 格付機関からのアンケートや問い合わせ応対
ビジネス パートナー
  • 取り引きにおける対話
  • Astellas Business Partner Code of Conduct に基づいたサプライヤー向けアンケート調査
行政
  • 当局との意見交換
  • 経済団体・業界団体・各種社外イニシアティブへの参加
  • 途上国における医薬品アクセス改善のための各種プログラムを通じた連携
NGOs/NPOs
研究機関
  • 医薬品の共同研究開発活動を通じた連携
  • 学術・研究講演会の実施/参加
地域社会
  • 従業員によるボランティア活動(Changing Tomorrow Day)の支援
  • 近隣住民・自治会との懇談会