安全衛生

~安全で健康的な職場環境を目指して~

企業活動における社員の安全確保は、経営にとって欠くことのできない要件です。働きやすい職場の提供とともに、CSR経営を支える社員というステークホルダーに対するアステラスの大きな社会的責任と考えています。
幸いにもアステラスでは2005年の会社発足以来、死亡事故は発生していませんが、重大災害につながりかねない事故やインシデントは少なからず発生しています。労働災害を未然に防止するとともに、事故による労働災害を最小化することの重要性を強く認識しており、過去から積み上げてきた経験をベースとした活動やさまざまな作業に伴うリスクの洗い出しと対応策の検討など、安全な職場を確保する取り組みを推進しています。また、専門的なスキルを持った安全衛生担当者の継続的な育成や、決められた手順を日常の行動レベルまで落とし込むための訓練も重要であるため、事業所や部門間の連携によるスキル向上や、さまざまな安全教育を充実させています。
今後も労働安全や防災に関する情報をグループ全体で共有し、災害事例などを事業所間で活用することにより、リスク低減に継続的に努めていきます。

安全衛生行動計画

労働災害強度率
  • 重大な労働災害の発生を防止し、労働災害強度率0.005以下を維持する。(対象事業所:すべての事業所) 
リスクアセスメント
  • リスクアセスメントによりすべての事業活動に関するリスクを特定し、自主管理基準を設定してリスク低減に取り組む。

 

労働災害を未然に防止し事故による労働災害を最小化するために、アステラスでは環境・安全衛生ポリシーを策定しています。これをベースに事業場ごとに環境安全衛生マネジメントシステムを構築し、その活動を推進しています。また、国内外の事業場で発生した労災・ヒヤリハット情報を共有し、より多様な視点から安全な職場環境の確保に取り組んでいます。
2017年からは、日本以外のオフィスおよび研究拠点での集約を始めました。2017年1月から12月における死亡災害は0件、休業災害は11件で、その中で最も長い休業日数は交通事故による61日でした。グローバルで労働災害強度率を0.005以下とすることを目標に、今後一層のリスク低減に努めます。

労働災害の発生状況 magnifying_glass_s.png

グローバル

  2015.1-12 2016.1-12 2017.1-12
労働災害発生件数 - - 11
労働災害度数率 *1 - - 0.33
労働災害強度率 *2 - - 0.007

 

日本

  2015.1-12 2016.1-12 2017.1-12
労働災害発生件数 2 5 2
労働災害度数率 *1 0.14 0.34 0.13
労働災害強度率 *2 0.007 0.001 0.001

 

米州

  2015.1-12 2016.1-12 2017.1-12
労働災害発生件数 - - 5
労働災害度数率 *1 - - 0.83
労働災害強度率 *2 - - 0.020

 

EMEA

  2015.1-12 2016.1-12 2017.1-12
労働災害発生件数 - - 4
労働災害度数率 *1 - - 0.51
労働災害強度率 *2 - - 0.012

 

アジア・オセアニア

  2015.1-12 2016.1-12 2017.1-12
労働災害発生件数 - - 0
労働災害度数率 *1 - - 0
労働災害強度率 *2 - - 0

 

*1 労働災害度数率: 労働者が業務遂行中に業務に起因して受けた休業を伴う災害を基準とし、100万延べ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数で表します。この数字が高いほど労働災害の発生頻度が高いことを意味しています。
*2 労働災害強度率: 1,000延べ労働時間当たりの労働災害による労働者の休業日数で表します。この数字が高いほど災害の程度が重いことを意味しています。
*3 これまでの対象に加え、海外のオフィスおよび研究拠点の集計を始めました。グローバルおよび日本以外の地域別集計は2017年からの開示です。