アステラスは、オープンかつ誠実であるという企業風土に基づき、絶えず変化する医療環境の中で信頼されるリーダーとなるために努力を続けています。アステラスは、進化する世界情勢に合わせて、バーチャルでの参加も含め学会や会議に参加するための医学教育目的の経済支援を直接医療関係者(HCP)個人に対して実施することを、2020年10月5日をもって取り止めることといたしました。(日本では従来からこのような助成は行っておりませんが、)私たちが全世界で一貫したアプローチを取ることは、当社の国際社会における評価を高めるため、並びに、医療従事者や患者さん、さらに広範な医療コミュニティからの信頼を獲得するために非常に重要であると考えています。

アステラスは、患者さんの治療向上のため、医療関係者が適切なタイミングで情報にアクセスすることの重要性を認識しています。アステラスは引き続き、教育上のニーズ/ギャップに対応し、当社医薬品や新たな医療イノベーションを適切に臨床応用するために必要な高品質の医学教育機会の提供は継続することで、患者さんの治療向上に貢献してきます。今後、アステラスは、グローバルヘルスケアコミュニティに向けたこの約束を、より適切に反映していくために他の教育活動にリソースを再配分し、医療関係者と患者さんのニーズの変化に対応していきたいと考えます。

継続的に質の高い医学教育支援に対するアステラスのコミットメント
アステラスは、引き続き新たな科学データと疾病情報を多様な形で共有し、患者さんの治療向上のために医療関係者が果たす重要な役割を支援していきます。アステラスは、継続して教育活動を提供することを通じて教育支援を行います:

  • 医学教育(Independent Medical Education;IME)への助成
  • シンポジウム、ウェビナー、Eラーニング、ウェブベース教育(疾病、治療、医薬品)
    例えば、学会期間中に開催されるサテライトシンポジウム、スピーカープログラム(講演会)、プロダクトシアターなど
  • 医学生・看護学生に対する教育支援 
  • 学会サマリー
  • 医療機関(HCO)への教育助成 
  • 医学教育活動を目的としたスポンサーシップ 

アステラスは、医学教育の機会を拡大するため、デジタル/バーチャルでの開催オプションを模索しています。当社が検討している疾患ステージに存在する教育ギャップの特定・把握に注力することで、医療関係者が必要とする情報ニーズに合う意義ある教育プログラムを開発していきます。

医療コミュニティに対するアステラスのコミットメント
医療コミュニティの絶えず変化するニーズを満たすために、どのように医学教育を進化させ強化していくのかにつき、引き続き評価していきます。さらに医療関係者が最新の情報にアクセスし、当社医薬品や新たな医療イノベーションの理解を深める機会を、Independent Medical Education(IME)、シンポジウム、講演会等を通じて提供していきます。
今回の決定を行うにあたりフィードバックをいただいた医療コミュニティの皆さまに感謝申し上げますとともに、現在提供中あるいは今後提供していくアステラスの教育活動を通じ、引き続きご協力いただけることを期待しております。