アステラスは、天災など不測の事態でもBCP(事業継続計画)を発動し、医薬品の供給を途絶えさせることなく、患者さんに確実にくすりを届ける体制を強化しています。また、昨今、世界中でさまざまな災害が起きていますが、被災した地域に対しては、各地のニーズに応じて支援活動をしています。

2015年台風第18号に伴う豪雨被害への支援

2015年9月に台風第18号に伴う豪雨で大規模な被害を受けられた関東・東北地方の方々の救済に役立てていただくため、アステラス製薬より社会福祉法人中央共同募金会を通じ各被災地に総額500万円の寄附を致しました。

2015年ネパールにおける地震への支援

2015年4月25日にネパールにおいて発生した地震の被災者救済と被災地復興に役立ていただくため、アステラス製薬より日本赤十字社を通じて各被災地に総額300万円の寄附を致しました。加えて、アステラス米国財団、アステラス欧州財団、アステラスアジア・オセアニア財団、韓国喜望基金がそれぞれ15,000USドル、15,000USドル、10,000USドル、500万ウォンの寄附を致しました。

2016年熊本地震に対する支援

2016年4月14日に熊本県熊本地方において発生した地震の被災者救済と被災地復興に役立てていただくため、アステラス製薬より日本赤十字社を通じて各被災地に総額3,000万円の寄附を致しました。

2017年九州北部豪雨被害に対する支援

2017年7月に九州北部で発生した豪雨による被災者救済と被災地復興に役立てていただくため、アステラス製薬より日本赤十字社を通じて各被災地に総額300万円の寄附を致しました。

東日本大震災への支援

2011年3月の東日本大震災の具体的な支援は、以下の通りです。
アステラスグループはこれからも東日本大震災を忘れることなく、復興支援を継続してまいります。

詳細はこちらをご覧ください。