住血吸虫症はアフリカや南米を中心とする発展途上国に多い寄生虫感染症で、特に小児の罹患率が高い疾患です。標準治療薬であるプラジカンテル錠は、錠剤が大きいことや薬剤の苦みなど、乳幼児を含む就学前児童には服薬が難しいという課題があります。

アステラスは、他の製薬企業や研究機関、国際非営利組織とともにコンソーシアムを設立し、プラジカンテル錠の小児用製剤を開発しています。

小児用製剤の創製にあたり、アステラスは自社の製剤技術を供与しました。本剤は、現行錠より小型かつ口腔内で崩壊して水の有無に関わらず服用できるように設計されており、苦みを低減する工夫も施されています。また、生産コストを抑えつつ、簡素な生産技術で製造でき、熱帯地域の高温多湿な環境でも安定性のある錠剤です。小児用製剤開発の技術やノウハウはブラジルおよびドイツの製造委託先に移転し、治験薬の製造と委託先の現地生産能力の構築にも貢献しました。

 

新しく開発された小児用製剤(上)と既存の製剤(下)

コンソーシアムでは現在、第II相臨床試験を実施しています。また、第III相臨床試験の開始に向けて準備を進めており、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund*)およびThe European & Developing Countries Clinical Trials Partnershipから資金提供を受けています。アステラスはコンソーシアムに対し引き続きノウハウや技術を提供していきます。

* GHIT Fund:公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金。官・企業・市民がセクターの垣根を越えてパートナーシップを組み、共同で資金を拠出して設立したグローバルヘルスR&Dに特化した基金です。

詳細は、こちら(pdf 2.0MB)をご覧下さい