アステラスは、2016年6月に国立大学法人東京大学医科学研究所との間で共同研究契約を締結して以降、コレラ、毒素原性大腸菌、ノロウイルスなどが引き起こすウイルス性腸管下痢症を対象とする経口コメ型ワクチン「MucoRice(ムコライス)」の共同研究に取り組んできました。

発展途上国ではコレラや毒素原性大腸菌などの起炎菌が引き起こす下痢症が乳幼児の大きな死亡原因となっています。しかし、既存のコレラワクチンは低温で保管、輸送する必要があり、また毒素原性大腸菌に対するワクチンは発展途上国では認可されていないなどの課題があります。

ムコライスは室温での保管の可能性が期待されており、その課題が解決されれば、バイオ医薬品に特有の厳格な温度管理の必要がありません。栽培技術の確立により効率的に生産することが可能になれば、医療費負担軽減に貢献できる可能性があります。

2017年12月には、アステラス、東京大学医科学研究所、国立大学法人千葉大学、株式会社朝日工業社との間で、コレラ毒素Bサブユニット(CTB)をコメ貯蔵タンパク中に発現するムコライス(MucoRice-CTB)の実用化を目指す共同研究契約を締結しました。この契約に基づき、アステラスはMucoRice-CTBの生産条件検討と製剤化に取り組みます。また、東京大学医科学研究所、千葉大学および朝日工業社はMucoRice-CTBの生産体制の構築に取り組みます。なお、このプログラムは、医療研究開発革新基盤創成事業に採択されており、国立研究開発法人日本医療研究開発機構から支援を受けて実施します。

アステラスはこの共同研究を通じて、革新的な新薬開発に向けた新たな創薬技術基盤の開発に挑戦し、未だ満たされていない医療ニーズに応えていきます。