取引先に対する調達活動基本方針

1. 法令および企業倫理の遵守
関連するすべての法令、ルールを遵守し、高い倫理観をもって社会通念に基づき行動します。

2. パートナーシップの維持
すべての取引先は大切なパートナーとして尊重し、対等かつ誠実な対応により協力・信頼関係の維持に努めます。

3. 経済的合理性に基づく選定
経済的合理性に基づき公平・公正に取引先を決定し、その関係は透明かつ節度あるものとします。

4. 公平・公正な取扱い
特定の取引先に正当な理由なく特別な待遇を与えたり、不当に不利益を課すことはしません。

5. 不当な利益要求の禁止
優越的な地位や権限を盾に、不当な利益(金銭、物品、接待、便益等)を要求したり、受けたりしません。

6. 機密保持の厳守
業務上知り得た取引先の情報については、機密保持を厳守します。

7. CSR調達の推進
CSRの観点から、取引先における法令遵守と環境への配慮も視野に入れた調達活動に努めます。