誰もが安心して使用できる薬を目指して

医療現場では、薬についてさまざまな確認作業が常に行われています。
例えば、看護師が注射や点滴の準備をする時や、薬剤師が薬を調剤する時には、患者氏名、薬剤名、投与量、投与方法、薬の組み合わせが正しいかを確認します。

アステラス製薬では、そのような医療従事者(医師・薬剤師・看護師など)の確認作業の負担を軽減したり、取り扱いの正確さを確保するために、薬の包装・容器の表示をより分かりやすくするよう改善に取り組んでいます。

また、薬の包装・容器の表示が分かりやすいことは、薬を飲むあるいは使う患者さんにとっても、非常に重要なことと考えています。自分が飲んでいる薬を識別できることは、薬を服用することの安心感につながるでしょう。

薬の表示の改善への取り組み

 

アステラス製薬は、患者さんや医療従事者など薬にかかわるすべての人々が安心して使用できるよう、常に薬の表示の改善に取り組んでいます。このコンテンツでは、その取り組みの一部をご紹介します。

 

 

 

1. 薬剤本体への製品名の表示

多種類の薬が処方された場合、薬剤師は、飲み薬を包装から取り出し、1回分ずつまとめて一袋に包装し直すことがあります。これを「一包化」と呼びますが、カプセル剤や錠剤の本体ひとつひとつに製品名が表示されていれば、薬剤師は、より正確に、効率よく作業することができます。

一包化の例 

一包化の例の画像

また、患者さんは、薬剤本体に製品名が表示してあれば、医師・薬剤師から受けた説明の通り、確認しながら飲むことができますので、より安心して治療に取り組むことができるでしょう。

カプセル剤本体への製品名の表示は、近年普及してきました。錠剤への製品名表示は技術的に難しいと言われていますが、現在アステラス製薬は、カプセル剤はもちろん、錠剤への製品名の表示にも積極的に取り組んでいます。

カプセル剤・錠剤本体への製品名の表示例

カプセル剤・錠剤本体への製品名の表示例の画像

薬事法により、一般人を対象とする医薬品の広告が制限されているため、製品名をぼかして表示しています

閉じる

2. 薬の包装シート(PTPシート)へのデザインの工夫

アステラス製薬の多くの製品では、PTPシートの取り違い防止などを目的に、薬の包装シート(PTPシート)の1ポケットごとに、製品名や含量を表示しています。患者さんへ処方される時に1ポケットごとに切り離しても、製品名や含量を確認することができます。

さらに視認性の向上を目的に、文字を大きくしたり、配色を工夫するなどして、分かりやすく見やすいデザインを施しています。

これらの工夫は、医療従事者および高齢の患者さんなどからは、「薬剤名や含量が見やすくて、間違えにくい」と評価されています。

1ポケットごとの製品名・含量の表示例

新PTPシート 旧PTPシート
新PTPシートの画像
旧PTPシートの画像

薬事法により、一般人を対象とする医薬品の広告が制限されているため、製品名をぼかして表示しています

閉じる

3. 薬の包装シート(PTPシート)への製品名のカタカナ表示

従来、錠剤やカプセル剤などの包装シート(PTPシート)には、英文での薬剤名と「識別用コード」と呼ばれる記号やアルファベット、数字が表示されていました。

1991年、アステラス製薬の前身である藤沢薬品工業が、抗生物質のカプセル剤の包装において、日本初のカタカナによる製品名表示を実施しました。

カタカナでの製品名の表示は、日々数多くの薬を取り扱う薬剤師の負担の軽減や、患者さんの薬の飲み間違い防止に大きく貢献してきました。

PTPシートへの製品名のカタカナ表示は、医療事故防止対策のひとつとして2000年9月厚生労働省からの通知により義務化され、広く普及してきています。

PTPシートへの製品名のカタカナ表示例

PTPシートへの製品名のカタカナ表示例の画像

薬事法により、一般人を対象とする医薬品の広告が制限されているため、製品名をぼかして表示しています

閉じる

4. 薬の包装シート(PTPシート)への薬効の表示

患者さんを対象としたアンケートを実施した結果、「薬効(薬の効き目に関する分類)を表示してほしい」という要望が高いことが分かりました。そこで、プライバシー保護の観点も考慮しながら、可能な製品から、PTPシートへの薬効表示を実施しています。これに対する患者さんの反応は「飲む薬が分かりやすい」などでした。

このようにアステラス製薬は、患者さんの要望も反映できるよう、改善に取り組んでいます。

PTPシートへの薬効の表示例

PTPシートへの薬効の表示例の画像

薬事法により、一般人を対象とする医薬品の広告が制限されているため、製品名をぼかして表示しています

閉じる

5.注射液の副片(ふくへん)付ラベル

患者さんの目に直接触れることはまれですが、アステラス製薬の注射剤の容器(一部製品)には、「副片付ラベル」というラベルが付いています。この「副片付ラベル」とは、副片部に製品名を表示してあるものです。ミシン目に沿って切り取り、アンプルなどから薬液を移し替えた方の注射筒や輸液バッグに貼り付けることで、製品名を判別できるようになっています。(図参照)。 手書きの製品名表示と比べ、看護師などの医療従事者が注射剤を投与する際に見やすいため、確認作業に役立ちます。 このように、アステラス製薬では、薬剤がより安全に使用、投与されるために設計した「副片付ラベル」を採用しています。

副片付ラベルの例

注射液の副片(ふくへん)付ラベルの画像

薬事法により、一般人を対象とする医薬品の広告が制限されているため、製品名をぼかして表示しています

閉じる

6. 新バーコードの表示

アステラスでは、医療従事者の医療過誤防止を目的に、「新バーコード」の表示を進めています。 新バーコードの表示とは、製品の包装の一部分にバーコードを印刷し、医療従事者が機械的に読み取るようにすることです。

従来のバーコードは、販売用の箱にのみ表示され、流通段階で利用されていました。注射剤やPTPシートには表示されていなかったため、医療従事者は、似通った名前・似通った包装の製品を目視で確認するしかありませんでした。

そこで平成18年、厚生労働省より通知が出ました。医療安全のため、注射剤やPTPシートにも医療用医薬品業界で標準化されたバーコードを印刷するというものです。

新バーコードが普及すれば、機械的に製品を識別できます。機械的にチェックすることで、医療従事者の確認作業を効率化でき、取り違うことなく薬が患者さんへ渡されることが期待できます。

アステラス製薬では、医療用医薬品業界において先駆けて、積極的に導入を進めています。

※2011年7月現在、アステラス製薬ではPTPシートの出荷枚数換算で9割以上(製品数では7割)において、新バーコード表示対応が完了しています。新バーコードは医療従事者のためのものですが、患者さん自身もPTPシートでその表示を見ることができます。ただし、バーコードの表示内容を確認するには専用のバーコードリーダーが必要ですので、医療従事者以外は表示内容まで確認することはできません。

新バーコードの表示例 医療用医薬品の新バーコードは、食品などに表示されているJANコードよりも小さなものです。省スペースで済むため、注射剤やPTPシートに表示することができます。

新PTPシート(新バーコード有り) 旧PTPシート(新バーコード無し)
新PTPシート(新バーコード有り)の画像
旧PTPシート(新バーコード無し)の画像

薬事法により、一般人を対象とする医薬品の広告が制限されているため、製品名をぼかして表示しています

閉じる