手術・診断精度向上による患者アウトカム最大化


医療を取り巻く環境は変化しており、病院の在り方にも変化が求められています。病院は患者を治療することに加え、今後は高いpatient experience (患者経験価値)を提供することが期待されてきています。

こうした多様化するニーズに対応するために、医療の質を患者ごとに高める医療のパーソナライズ化の動きは避けて通ることができません。こうした課題を解決する方法の一つとして、スフィア「手術・診断精度向上による患者アウトカム最大化」では、スマートホスピタルを実現することで患者さんの価値を最大化することに取り組んでいきます。

アステラスでは、パーソナライズされたスマートホスピタルの実現に寄与する様々なソリューションを提供していきます。具体的には以下を考えています。

  • 手技高質化技術や個人の画像データを利用した手術ナビゲーション
  • 手術に代わる低侵襲な治療手段
  • 患者のマネージメントを充実し、個々人の状況に応じた治療手段選択や再発予防手段
     

アステラスから外部パートナーに期待すること

  • AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など先進のICT(情報通信技術)技術
  • VR/AR/MR(仮想現実/拡張現実/複合現実)などを用いた手術ナビゲーション技術
  • 術中特異的神経可視化技術

 

関連ページ