デジタルxニューロサイエンス


中枢神経関連疾患の治療を目指した創薬研究により、これまでに数々の薬が見いだされ、実際に使われるようになってきています。その一方で、必ずしも、すべての薬が疾患に伴う生活上の困りごとから患者さんを解放させているわけではなく、いまだに中枢神経関連疾患はアンメットメディカルニーズが高い領域です。

スフィア「デジタルxニューロサイエンス」では、中枢神経関連疾患に起因する生活上の困りごとからの、患者さんや、そうした患者さんをサポートする介護者の一助となるデジタル技術を活用した医療ソリューションの提供を目指しています。また複数のソリューションを開発していくことで個々人の症状に合わせた製品のパーソナライズ化を行い、長期的には各種生体情報を取得しながら中枢神経関連疾患で認められる種々の症状を早期に検知・改善することで病気の発症予防や症状悪化抑制を目指します。

アステラスから外部パートナーに期待すること

中枢神経関連疾患に共通してみられる、生体情報から発症が予測できるような症状、例えば睡眠障害や衝動的行動などに対処できる最先端のサイエンスおよびバイオエレクトロニクス技術を活用したソリューションの提案

 

関連ページ