2018年07月

japan
ニュース / プレスリリース
 「平成30年7月豪雨」により西日本を中心に各地で甚大な被害が出ています。被災された皆さまに対し謹んでお見舞い申し上げます。  アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司)は、同豪雨で被災された皆さまの支援に役立てていただくため、以下の通り義援金を寄付いたします。 拠出者    :    アステラス製薬株式会社 寄付先    :    日本赤十字社 金 額    :    500万円  被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 以上
もっと詳しく
japan
ニュース / お知らせ
プログラムを更新しました Technology_Healthcare 2018.pdf プログラム Opening Remarks 10:30-    アステラス製薬(株)  代表取締役社長CEO 安川 健司 10:40-    国立大学法人東京工業大学 学長 益 一哉 10:50-  (株)みらい創造機構  代表取締役社長 岡田 祐之 Session 1  11:00- 「ウェアラブルデバイスを用いるパーキンソン病の歩行分析とリハビリ支援」                国立大学法人東京工業大学 情報理工学院 情報工学系 知能情報コース  教授 三宅 美博  11:20- 「Rx+プログラムへの挑戦」                アステラス製薬㈱ ニューメディカルソリューション部  阿部 邦威  11:40- 「さわれるプラズマが拓く医療・生命分野の新しい研究」        ...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
-第III相試験(EV-301試験)において最初の患者への投与を開始 -第II相試験(EV-201試験)において白金製剤による治療歴がある群への患者登録が完了  アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、Seattle Genetics社と共同で開発を進めているenfortumab vedotinについて、免疫チェックポイント阻害剤(Checkpoint Inhibitors: CPI)による治療歴のある局所進行性または転移性尿路上皮がん患者を対象とした第III相試験(EV-301試験)において、最初の患者への投与が開始されましたので、お知らせします。enfortumab vedotinは細胞接着分子であるネクチン-4を標的とする抗体-薬物複合体(Antibody-Drug Conjugate: ADC)です。  また、CPI(P...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
 アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、「ダフクリア®錠」(一般名:フィダキソマイシン、以下「ダフクリア®」)について、感染性腸炎(偽膜性大腸炎*1を含む)(適応菌種:本剤に感性のクロストリジウム・ディフィシル(以下、「CD」)*2)の治療薬として、日本における製造販売承認を取得しましたので、お知らせします。  ダフクリア®は、米国のMerck & Co., Inc.(北米以外ではMSD。以下、「Merck社」)から導入した新規の作用機序と選択的な抗菌スペクトルを有する経口の大環状抗菌剤*3です。日本では、Merck社との独占的開発・販売契約に基づきアステラス製薬が開発を進めてきました。また、当社の子会社であるAstellas Pharma Europe Ltd.が欧州、中東、アフリカ、独立国家共同体(CIS)*4の地域における独占的販売権を取得しています。欧州...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
もっと詳しく

2018年07月

Global
ニュース / プレスリリース
-第III相試験(EV-301試験)において最初の患者への投与を開始 -第II相試験(EV-201試験)において白金製剤による治療歴がある群への患者登録が完了  アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、Seattle Genetics社と共同で開発を進めているenfortumab vedotinについて、免疫チェックポイント阻害剤(Checkpoint Inhibitors: CPI)による治療歴のある局所進行性または転移性尿路上皮がん患者を対象とした第III相試験(EV-301試験)において、最初の患者への投与が開始されましたので、お知らせします。enfortumab vedotinは細胞接着分子であるネクチン-4を標的とする抗体-薬物複合体(Antibody-Drug Conjugate: ADC)です。  また、CPI(P...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
 アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、「ダフクリア®錠」(一般名:フィダキソマイシン、以下「ダフクリア®」)について、感染性腸炎(偽膜性大腸炎*1を含む)(適応菌種:本剤に感性のクロストリジウム・ディフィシル(以下、「CD」)*2)の治療薬として、日本における製造販売承認を取得しましたので、お知らせします。  ダフクリア®は、米国のMerck & Co., Inc.(北米以外ではMSD。以下、「Merck社」)から導入した新規の作用機序と選択的な抗菌スペクトルを有する経口の大環状抗菌剤*3です。日本では、Merck社との独占的開発・販売契約に基づきアステラス製薬が開発を進めてきました。また、当社の子会社であるAstellas Pharma Europe Ltd.が欧州、中東、アフリカ、独立国家共同体(CIS)*4の地域における独占的販売権を取得しています。欧州...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
もっと詳しく

2018年06月

Global
ニュース / プレスリリース
‐ADTによる単独治療と比べ、ADTにエンザルタミドを併用することで転移および死亡するリスクが71%減少 -  アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、Pfizer Inc.(本社:ニューヨーク州、以下「Pfizer社」)と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害剤であるXTANDI®(一般名:エンザルタミド*1)について、非転移性去勢前立腺がん患者を対象にアンドロゲン除去療法(androgen deprivation therapy:ADT)とエンザルタミドを投与した群と、ADT単独治療群を比較した第III相PROSPERの試験結果が、6月28日発刊のNew England Journal of Medicineに掲載されましたので、お知らせします。  本試験において、ADTとエンザルタミドを投与し...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
 アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、社会的責任投資(Socially Responsible Investment: SRI)の世界的指数である「FTSE4Good Index Series」の対象銘柄に7年連続で採用されましたので、お知らせします。14の評価項目の中で、特に「気候変動」「労働基準」「企業統治」に対するアステラス製薬の取り組みが高く評価されました。  FTSE4Good Index Seriesは、英国のFTSE Russell*1により作成され、環境・社会・ガバナンス(ESG)に対する企業の取り組みを評価する指標です。企業の社会的責任に関心を持つ世界中の投資家にとって重要な投資選択基準の一つとなっています。FTSE Russell独自の基準*2をもとに組み入れ銘柄が選定されます。  アステラス製薬は、今後...
もっと詳しく
お探しの情報はみつかりませんでした

キーワードを入力ください

お探しの情報はみつかりませんでした
お探しの情報はみつかりませんでした