2018年05月

japan
ニュース / お知らせ
 開催背景 テクノロジーの進化スピードには目を見張らされます。この間までできなかったことができる機会にであい、ワクワクすることが近年特に多いと感じます。 テクノロジーに強みを持つ国立大学法人東京工業大学、同大学と組織的連携協定を結ぶベンチャーキャピタルの㈱みらい創造機構、そしてアステラス製薬㈱が組んだら何ができるのだろう? それは昨年から始まった取り組みです。 私たちの取り組みは始まったばかりですが、テクノロジーの進化でヘルスケアはどのように変わる可能性があるか知りたい、最新の取り組みを学びたい、私たちの取り組みを是非皆さんに知ってもらいたい、そして来場された皆さまとヘルスケアのミライについて話をしたい、このような思いでイベントを企画しました。 開催概要 イベント名  Technology×Healthcare  2018 -最新technologyが変えるヘルスケアのミライ-...
もっと詳しく
japan
ニュース / プレスリリース
アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、サンフランシスコで開催された2018年米国泌尿器学会(AUA 2018: American Urological Association 2018)年次総会のLate-breaker Abstractセッションにおいて、ミラべグロン*1(一般名)の製造販売後臨床試験(MATCH試験)結果が口頭発表されたことを、お知らせします。前立腺肥大症(BPH)にタムスロシン*2(一般名)を投与後、過活動膀胱(OAB)が残存した男性患者に対してミラべグロンを追加投与したMATCH試験において、ミラべグロン群はプラセボ群と比較して、主要評価項目である24時間当たりの平均排尿回数が有意に低下しました。また、忍容性は良好で、QOLスコアの有意な改善を示しました。 AUA 2018で発表した国立大学法人旭川医科大...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
 アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、本日発表した「経営計画2018」の実現に向けて、組織ケイパビリティを見直すなど、継続的にOperational Excellenceを追求しています。その一環として、間接部門のみならず、研究開発や営業などの直接部門を含め、アステラス製薬および国内グループ会社を再編することとしましたので、お知らせします。 アステラス営業サポート株式会社(以下「AES」)およびアステラスリサーチテクノロジー株式会社(以下「ART」)の業務を2018年度末までに終了 アステラス総合教育研究所株式会社(以下「ALI」)のグリーンサプライ支援業務以外の事業を2018年度末までに終了 アステラス分析科学研究所株式会社の全株式をEurofins Pharma Services LUX Holding Sarlに譲渡(クロージング:2018年度中を予...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
MSD株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下「MSD」)とアステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、両社で共同開発を行ったDPP-4 阻害剤シタグリプチンリン酸塩水和物(製品名:ジャヌビア®錠)とSGLT2阻害剤イプラグリフロジン L-プロリン(製品名:スーグラ®錠)の配合剤である2型糖尿病治療剤「スージャヌ®配合錠」について、本日、発売を開始しましたのでお知らせいたします。 スージャヌ®配合錠は、MSDが製造販売する日本初の選択的DPP-4阻害剤ジャヌビア®錠とアステラス製薬が製造販売する日本初の選択的SGLT2阻害剤スーグラ®錠の有効成分を配合した1日1回1錠の経口剤です。スージャヌ®配合錠は、選択的にDPP-4を阻害し、活性型インクレチンを増加させることによる血糖依存的な血糖低下...
もっと詳しく
japan
ニュース / IR関連情報
もっと詳しく

2018年05月

Global
ニュース / プレスリリース
 アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、本日発表した「経営計画2018」の実現に向けて、組織ケイパビリティを見直すなど、継続的にOperational Excellenceを追求しています。その一環として、間接部門のみならず、研究開発や営業などの直接部門を含め、アステラス製薬および国内グループ会社を再編することとしましたので、お知らせします。 アステラス営業サポート株式会社(以下「AES」)およびアステラスリサーチテクノロジー株式会社(以下「ART」)の業務を2018年度末までに終了 アステラス総合教育研究所株式会社(以下「ALI」)のグリーンサプライ支援業務以外の事業を2018年度末までに終了 アステラス分析科学研究所株式会社の全株式をEurofins Pharma Services LUX Holding Sarlに譲渡(クロージング:2018年度中を予...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
MSD株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下「MSD」)とアステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、両社で共同開発を行ったDPP-4 阻害剤シタグリプチンリン酸塩水和物(製品名:ジャヌビア®錠)とSGLT2阻害剤イプラグリフロジン L-プロリン(製品名:スーグラ®錠)の配合剤である2型糖尿病治療剤「スージャヌ®配合錠」について、本日、発売を開始しましたのでお知らせいたします。 スージャヌ®配合錠は、MSDが製造販売する日本初の選択的DPP-4阻害剤ジャヌビア®錠とアステラス製薬が製造販売する日本初の選択的SGLT2阻害剤スーグラ®錠の有効成分を配合した1日1回1錠の経口剤です。スージャヌ®配合錠は、選択的にDPP-4を阻害し、活性型インクレチンを増加させることによる血糖依存的な血糖低下...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、2018年6月1日から5日に米国シカゴで開催される米国臨床腫瘍学会 (ASCO: American Society of Clinical Oncology)年次総会において、アステラス製薬のがん領域における複数の開発化合物に関する臨床試験結果を口頭およびポスター発表いたします。経口アンドロゲン受容体阻害薬エンザルタミド(一般名、製品名:XTANDI®)の非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした臨床試験結果、抗体-薬物複合体(ADC: Antibody-Drug Conjugate)enfortumab vedotinの局所進行性または転移性尿路上皮がん患者を対象とした臨床試験結果、およびFLT3/AXL阻害薬ギルテリチニブ(一般名、開発コード:ASP2215)のFLT3(FMS-like...
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
もっと詳しく
Global
ニュース / プレスリリース
もっと詳しく
お探しの情報はみつかりませんでした

キーワードを入力ください

お探しの情報はみつかりませんでした
お探しの情報はみつかりませんでした