MSD株式会社(本社:東京、社長:トニー・アルバレズ、以下「MSD」)とアステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、このたび、MSDが国内で製造販売する選択的DPP-4阻害剤 ジャヌビア®錠(一般名:シタグリプチンリン酸塩水和物)及びアステラス製薬が国内で製造販売する選択的SGLT2阻害剤 スーグラ®錠(一般名:イプラグリフロジン L-プロリン)について、国内における配合剤の共同開発・販売に関する基本合意書を交わしました。

 ジャヌビア®錠は国内初のDPP-4阻害剤です。1日1回の投与で選択的にDPP-4を阻害し、活性型インクレチンを増加させることで血糖依存的な血糖値低下作用を示します。スーグラ®錠は国内初のSGLT2阻害剤です。1日1回の投与で選択的にSGLT2を阻害し、腎臓でのブドウ糖再取り込みを抑制することで血糖値を下げる薬剤です。

 MSDとアステラス製薬は、単剤療法では血糖コントロールが難しい2型糖尿病治療の現状を踏まえ、今回の配合剤に関する基本合意が将来的に2型糖尿病治療における新たな選択肢を提供し、これまで以上に糖尿病治療へ貢献できるものと期待しています。

以 上