アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、医療関係者への医薬品に関する情報提供の顧客接点強化を目的に「アステラス オンラインMR」を任命し、オンラインによる情報提供・収集サービスを6月から開始しました。

 アステラス オンラインMRとは、医療関係者に対し、オンライン面談ツール等を用いて自社の製品情報を提供するオンライン専任MRです。前立腺癌治療剤(イクスタンジ錠)、抗悪性腫瘍剤(ゾスパタ錠)、腎性貧血治療薬(エベレンゾ錠)、関節リウマチ治療剤であるJAK阻害剤(スマイラフ錠)・TNF-α阻害薬(シムジア皮下注)の5製品の情報提供・収集からサービスを開始しています。

 アステラス製薬では、新たな働き方への適応といった事業環境の変化への対応や、さらには新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、医療関係者への情報提供・収集活動のあり方を見直し、デジタルトランスフォーメーションへの投資を進めています。加えて、経営計画2021の下、製品ポートフォリオのスペシャリティ化を進めており、とりわけ専門性の高い情報提供・収集活動をオンラインで行うアステラス オンラインMRを任命しました。

 事業・医療の環境変化に対応して医療関係者のニーズに応えるべく、従来の訪問によるMR活動に加えて、「オンラインMRTM*」による情報提供・収集活動の普及に努めていきます。

以上