- スクワットで昨今の情勢を乗り越える一体感や明るさを生み出そう! -

 アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京、代表取締役社長:宮河 恭夫、以下「バンダイナムコエンターテインメント」)と共同開発したWEBアプリ「Project ABC*パックマン スクワットチャレンジ」を無料で提供します。提供期間は本日から4週間を予定しています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、外出機会が減少しがちな昨今の情勢において、いかにして運動を実施して体力を維持するかという点に注目が集まっています。中でも、運動量や生活活動量の減少による下肢筋力低下を避けることは、重要な課題のひとつと考えられます。スクワットは、大腿四頭筋や大殿筋など下肢の大きい筋肉を用いた運動であり、下肢筋力を維持・増進するうえで有用な運動と考えられています。

 アステラス製薬とバンダイナムコエンターテインメントは、そうした課題解決を目的に本WEBアプリを開発しました。本WEBアプリ内には、バンダイナムコエンターテインメントのゲームキャラクター「パックマン」が登場し、楽しみながらスクワットできる仕様となっています。利用者が実施したスクワットの累積回数と演出が連動しており、例えば趣味嗜好が分かれる『お題』となる「テーマ」が出題され、利用者は共感するチーム側で参加し、パックマンなどのキャラクターが登場するスクワットバトルを行うなど、自宅で気軽に達成感を味わいながら運動を実施頂けます。

 両社は、本WEBアプリを多くの方々にお届けすることで、運動による健康づくりのきっかけを提供し、昨今の厳しい情勢を乗り越える一体感や明るさを生み出すことを目指しています。

 2018年10月から、アステラス製薬とバンダイナムコエンターテインメントは、継続的に運動する必要がある方を支援するスマートフォンなど向けアプリの開発に取り組んでおり、両社の強みを活かした社会課題の解決に挑戦しています。本WEBアプリはその挑戦の一環です。

*ABC: Astellas, BANDAI NAMCO Entertainment, anti-Coronavirusの頭文字

以上