アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、政府による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急速な拡大を踏まえた新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言、および各都道県からの緊急事態措置の解除に伴い、5月27日より以下の対応をとることといたしました。引き続き社員および協働パートナーとそのご家族の感染リスクの軽減に努めるとともに、COVID-19による国民生活・国民経済への甚大な影響の回避に向けた政府の措置に積極的に協力してまいります。

  • これまで特定警戒都道府県に所在する事業所・グループ会社において実施してきた出社禁止措置を解除しますが、引き続き在宅勤務を推奨します
    ※:5月8日以降、特定警戒都道府県に指定された地域で実施。なお、5月14日および5月21日に緊急事態宣言が解除された地域については本措置を段階的に緩和。研究所では感染症拡大防止対策を講じながら研究活動を再開。
     
  • 日本橋(本社地区)へ出社する場合には、以下の感染防止対策をとることを指示しています
    ✔ 混雑を避けて時差通勤を実施すること。部署ごとに交代勤務・ローテーション勤務を検討して出社頻度を減らし、出社者数を30%以内※※にすること
    ※※:緊急事態宣言解除から1ヵ月間。その後は社内外の状況を考慮し段階的に緩和することを検討
    ✔ 人と人の間隔を可能な限り2メートル以上に保ち、対面を避け対角に座席等を配置すること。会議については、インターネット電話/テレビ会議を優先し、対面で実施する場合には、会議室での同席者を収容人数の半数以下とし、30分に1回は換気を行うこと
    ✔ その他、マスク着用や手指の消毒、衛生維持など
     
  •  当社の社会的使命である、医薬品の安定供給・品質管理・安全管理・情報提供につきましては、これまでに引き続き、社員の安全最優先・最大限の感染防止対策実施のもとで、出社・外出を含む必要な活動を継続いたします

 アステラス製薬は、引き続き各方面からの情報収集を行い、日々変化する状況を正確に把握しながら、これら取り組みの内容および実施期間についても検討を重ね柔軟に対応していくとともに、関係機関とも連携し、必要な取り組みを速やかに実施してまいります。

以上