アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司)は、以下のとおり、2020年4月1日付で国内営業組織の変更を行います。

 日本では、医療制度改革の動きが加速する中、医療費適正化や地域医療への取り組みの進展などにより、医療環境は大きな変化を遂げています。他方、当社の国内製品ポートフォリオは、がん領域の治療薬をはじめ専門性の高い製品へとシフトしており、デジタル技術や人工知能(AI)の進歩もあいまって、製品や疾患に関する情報提供のあり方が大きく変化しつつあります。

 こうした事業環境の変化を踏まえ、グローバルに連携しながら製品戦略を立案・推進し、より早いスピードで市場のニーズに応じた情報提供活動を実施するために、現在の全国12支店を閉鎖し、本部が営業所を直接管轄する体制に変更します。

 新体制においては、一部の営業所規模を見直し、現在の114から119営業所にするとともに、7つの「エリア統括」機能の新設など営業本部組織を再編し、組織運営を強化します。

 新たな体制により、今後も、患者基点のより質の高い情報提供活動に努めてまいります。

以上