アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、経口JAK(ヤヌスキナーゼ)阻害剤「スマイラフ®錠50 mg、同100 mg」(一般名:ペフィシチニブ臭化水素酸塩)について、本日、日本において既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)を効能・効果として、発売しました。

 アステラス製薬が創製したスマイラフ®錠は、種々の炎症性サイトカインによる細胞内シグナル伝達を阻害することで、関節リウマチにおいて関節の炎症や破壊を引き起こす細胞の活性化や増殖を抑制する作用を有します。

 日本における関節リウマチ患者数は、約60~100万人と推定されています*1。現在、関節リウマチの治療には、メトトレキサート(Methotrexate:MTX)や生物学的製剤を含む疾患修飾性抗リウマチ薬(Disease-modifying antirheumatic drugs:DMARDs)*2等が使用されています。アステラス製薬は、これら既存治療で効果不十分な関節リウマチ患者さんに新たな治療選択肢を提供することで、関節リウマチ治療に一層の貢献をしていきます。

 なお、本件による業績への影響は、当期(2020年3月期)連結業績予想に織り込み済みです。