順天堂大学(所在地:東京都、学長:新井 一)とアステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、順天堂大学大学院医学研究科内に共同研究講座「ダイレクトリプログラミング再生医療学講座」(代表者 難病の診断と治療研究センター長:岡﨑康司、特任教授:松本征仁)を開設しました。講座開設期間は2021年10月から3年間です。

 本共同研究講座では、K因子*1を用いたダイレクトリプログラミングによって、1型糖尿病等のアンメットメディカルニーズの高い疾患に対して治療効果を最大限に発揮する新規モダリティの創製を目指し、他の疾患への拡充研究も行います。順天堂大学大学院医学研究科が、K因子を含む最適なダイレクトリプログラミング因子の組み合わせ検討をはじめとする基礎データを取得し、アステラス製薬がこの因子を利用した遺伝子治療による疾患治療への応用研究と最適モダリティの選択を行います。

 ダイレクトリプログラミングは、多能性幹細胞を介さずに体細胞から目的とする細胞への誘導を可能にします。生体内でダイレクトリプログラミングを可能にする技術は、新たな再生医療技術として注目を集めています。ダイレクトリプログラミングはこれまでの治療とは異なり、不要な細胞を除去する、もしくは必要な細胞を補充するだけでなく、不要な細胞を必要な細胞に変換することが可能になるため、これまで治療や治癒ができないと考えられてきた難治性疾患に対しても高い有効性を示すことが期待されています。

 順天堂大学とアステラス製薬は、2018年に締結した契約に基づきダイレクトリプログラミングによる治療用細胞の分化手法の確立に関する共同研究を実施してきました。今回、この共同研究の一環として本共同研究講座を開設し、さらなる提携強化を図り、新たな治療パラダイムとしてのダイレクトリプログラミングについて、両者で発展的に研究を進めていきます。順天堂大学とアステラス製薬は、本共同研究講座を通じて、ダイレクトリプログラミング技術に基づく創薬に挑戦し、患者さんに新たな治療選択肢を提供することを目指していきます。

以上