アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、2021年6月9日から17日にかけてオンラインで開催される2021年欧州血液学会議(European Hematology Association:EHA)において、急性骨髄性白血病(Acute Myeloid Leukemia:AML)に関する新たなデータを発表します。

 アステラス製薬による発表として、2つの口頭発表、4つのポスター発表、2つの抄録発表の以下の計8演題を予定しています。

口頭発表
口頭発表は6月11日(金)9:00(中央ヨーロッパ夏時間)より、学会のウェブサイト上で公開され、オンラインで閲覧可能となります。

演題: Patient and Physician Preferences for Post–Hematopoietic Stem Cell Transplantation Maintenance Treatment of Acute Myeloid Leukemia (Abstract S313)
•    発表者: Manasee V. Shah, Astellas Pharma Inc., Northbrook, Ill., USA

演題: Efficacy and Safety of Venetoclax in Combination with Gilteritinib for Relapsed/Refractory FLT3-Mutated Acute Myeloid Leukemia: Updated Analyses of a Phase 1b Study (Supported by AbbVie, Astellas and Genentech) (Abstract S135)
•    発表者: Jessica K. Altman, Robert H. Lurie Comprehensive Cancer Center, Northwestern University, Chicago, Ill., USA

ポスター発表
ポスター発表は、6月11日(金)9:00(中央ヨーロッパ夏時間)より、学会のウェブサイト上で公開され、オンラインで閲覧可能となります。

演題: Follow-up of Patients with FLT3-Mutated Relapsed or Refractory Acute Myeloid Leukemia in the Phase 3 ADMIRAL Trial (Abstract EP438)
•    発表者: Mark J. Levis, Sidney Kimmel Comprehensive Cancer Center, Johns Hopkins University, Baltimore, Md., USA

演題: Clinical Outcomes in Patients with Relapsed/Refractory Acute Myeloid Leukemia Treated with Gilteritinib Who Received Prior Midostaurin or Sorafenib (Abstract EP448)
•    発表者: Alexander E. Perl, Abramson Comprehensive Cancer Center, University of Pennsylvania, Philadelphia, Pa., USA

演題: Outcomes in Gilteritinib-Treated FLT3-Mutated R/R AML Patients Who Underwent Transplantation (Abstract EP441)
•    発表者: Alexander E. Perl, Abramson Comprehensive Cancer Center, University of Pennsylvania, Philadelphia, Pa., USA

演題: A Phase 1 Study of Gilteritinib in Combination with Induction and Consolidation Chemotherapy in Patients with Newly Diagnosed AML: Final Results Update (Abstract EP437)
•    発表者: Keith W. Pratz, Sidney Kimmel Comprehensive Cancer Center, Johns Hopkins University, Baltimore, Md., USA

抄録発表
抄録は5月12日(水)から学会のウェブサイト上で公開されており、オンラインで閲覧可能です。

演題:Retrospective Assessment of Treatment Patterns and Resource Utilization for Patients Newly Diagnosed with Acute Myeloid Leukemia in Canada, UK, France, Germany, Italy, and Spain (Abstract PB1390)

演題: Frequency of FLT3-ITD and FLT3-TKD Mutations in Patients with Acute Myeloid Leukemia: A Systematic Literature Review and Meta-Analysis (Abstract PB1405)

 抄録はEHA Libraryでご覧いただけます。

 アステラス製薬は、成人の再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性AMLの治療薬として米国、日本、中国(条件付き承認)、および欧州の一部の国で承認を取得し、日本では「ゾスパタ®錠40mg」、米国および欧州では「XOSPATA®」の製品名で販売しています。

以上