‐ 転移性ホルモン感受性前立腺がん患者さんに新たな治療選択肢を提供 -

 アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、経口アンドロゲン受容体阻害剤であるエンザルタミド(一般名、製品名:XTANDI®)に関し、欧州医薬品庁(European Medicines Agency:EMA)において欧州医薬品委員会(Committee for Medicinal Products for Human Use:CHMP)が、転移性ホルモン感受性前立腺がん(Hormone-Sensitive Prostate Cancer:HSPC)患者への適応拡大について販売承認勧告を採択したことをお知らせします。

 今回の販売承認勧告の採択は、転移性HSPC患者を対象に実施した第III相ARCHES試験に基づいています*1。CHMPの販売承認勧告に従い、欧州委員会(European Commission: EC)によって今回の適応拡大に関する承認可否が判断されます。ECにより承認された場合、XTANDI®は非転移性および転移性去勢抵抗性前立腺がん(Castration-Resistant Prostate Cancer:CRPC)、ならびに転移性HSPCの適応症を取得した欧州で唯一の経口治療薬となります*2

 アステラス製薬は、新たな治療選択肢を提供することでアンメットメディカルニーズの高い前立腺がん治療に一層の貢献をしていきます。

以上