- 最先端の科学・技術イノベーションの獲得に向けた初期段階からの協働アプローチ -

 アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、国立大学法人東京大学(本部:東京、総長 五神 真、以下「東京大学」)内の、東京大学ライフサイエンス連携研究教育拠点、および東京大学センター・オブ・イノベーション 「自分で守る健康社会拠点」(以下「東大COI」)のそれぞれと、革新的な新薬や医療ソリューションの創出を目指して連携協力して行う取り組み(Astellas Alliance Acceleration Program; AAAP)に関する協定を締結しました。

 本協定に基づき、アステラス製薬は、東京大学ライフサイエンス連携研究教育拠点および東大COIに所属する研究者からの研究プロジェクト提案を幅広く募集します。募集対象は、疾患の背景にある生物学的メカニズムに関する初期調査から、創薬標的の特定、新しい治療薬の創製とその検証に至る、さまざまな段階における研究開発の提案です。アステラス製薬は、研究プロジェクトの協働に向け、提案された内容について東京大学の各研究者と議論や協議を行います。

 アステラス製薬は、AAAPによって東京大学ライフサイエンス連携研究教育拠点および東大COIの研究に初期段階からアクセスし、研究プロジェクトの協働を通じて最先端の科学・技術のイノベーションを早期に取り込むことが可能となります。

 アステラス製薬の研究本部長である岩井晃彦は、「このたび、東京大学ライフサイエンス連携研究教育拠点および東大COIとの密接な連携協力体制が構築されたことを嬉しく思います。この連携によって、最先端の科学・技術のイノベーションの獲得に向けてより早期からアプローチできるようになり、研究初期から臨床までの幅広い創薬研究への取り組みが加速することを期待しています」と述べています。

 アステラス製薬は、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」という経営理念のもと、科学の進歩を患者さんの価値に変えるための革新的な医療ソリューション創出に取り組んでいます。これらの実現には、国内外の大学、研究機関およびバイオベンチャーなどとの提携やパートナーシップが重要であると考え、様々な社外の優れたケイパビリティを積極的に取り入れる提携機会を探索しています。今回の東京大学の2拠点との連携協力体制の構築もその一環です。

以上