アステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:野木森 雅郁、以下「アステラス製薬」)は、このたび、当社の米国子会社であるアステラス ファーマ US, Inc.(本社:米国イリノイ州、以下「アステラス ファーマ US」)と米国医薬品会社ゾジェニクス社(英名:Zogenix, Inc.、本社:米国カリフォルニア州、CEO:Roger L. Hawley)が、偏頭痛治療のための非侵襲性注射用キット「SumavelTM DoseProTM(スマベル ドーズプロ)」(一般名:スマトリプタン)に関し、米国におけるコ・プロモーション契約を締結しましたのでお知らせします。

 Sumavel DoseProは、ゾジェニクス社が開発した初の非侵襲性のスマトリプタン皮下注射用キットです。本キットは、2009年7月に「突発性または非突発性偏頭痛および群発性頭痛の緊急治療」を適応症として米国食品医薬品局(FDA)より承認を取得しています。National Headache Foundationによると、米国における偏頭痛患者は約3,000万人とされています。現在、偏頭痛にはスマトリプタン経口剤が第一選択薬として使用されています。本剤は、スマトリプタンを針なしで皮下に注入するため、針による痛みがなく、作用発現が早いなどの特徴を有しています。

 本契約にもとづき、本キットの製造、販売はゾジェニクス社が行い、ゾジェニクス社とアステラス ファーマ US がコ・プロモーションを行います。ゾジェニクス社は神経内科を中心に、アステラス ファーマ USは開業医を中心にそれぞれ情報提供活動を行います。なお、販売開始は2010年1月を予定しています。
Sumavel DoseProの売上はゾジェニクス社に計上され、アステラス ファーマ USは担当顧客への売上高に応じた一定割合をコ・プロモーションフィーとして受け取ります。

 アステラス製薬は、このたびのSumavel DoseProのコ・プロモーション契約締結により、米国市場における事業基盤を一層強化していきたいと考えています。

 

以 上