アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、本日発表した「経営計画2018」の実現に向けて、組織ケイパビリティを見直すなど、継続的にOperational Excellenceを追求しています。その一環として、間接部門のみならず、研究開発や営業などの直接部門を含め、アステラス製薬および国内グループ会社を再編することとしましたので、お知らせします。

  • アステラス営業サポート株式会社(以下「AES」)およびアステラスリサーチテクノロジー株式会社(以下「ART」)の業務を2018年度末までに終了
  • アステラス総合教育研究所株式会社(以下「ALI」)のグリーンサプライ支援業務以外の事業を2018年度末までに終了
  • アステラス分析科学研究所株式会社の全株式をEurofins Pharma Services LUX Holding Sarlに譲渡(クロージング:2018年度中を予定)

 国内事業再編に伴い、アステラス製薬およびAES・ART・ALIの従業員を対象とした早期退職優遇制度(想定対象人員:600名)を2018年度に導入する予定です。

以上