アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、経口アンドロゲン受容体阻害薬であるエンザルタミド(一般名、製品名:XTANDI®)について、欧州医薬品庁(EMA: European Medicines Agency)から、追加適応に関する申請を受領した旨の通知を受けましたのでお知らせします。今回の追加適応に関する申請が承認されると、エンザルタミドの適応症は第III相PROSPER試験のデータに基づき、非転移性去勢抵抗性前立腺がんを含む全ての去勢抵抗性前立腺がん患者に拡大されます。


 イタリアSan Camillo Forlanini HospitalのChief of Medical Onclologyであり、本試験の主要な治験責任医師であるDr. Cora N. Sternbergは次のように述べています。「多くの場合、最初のアンドロゲン除去療法後に前立腺がんの進行が認められます。現在まで欧州では非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者さんに対する有効性が認められた治療法はありません。本剤がその新たな治療選択肢となることを期待しています。」


 アステラス製薬は、今年2月に開催された2018年米国臨床腫瘍学会 泌尿生殖器がんシンポジウム(ASCO GU2018: Genitourinary Cancers Symposium of the American Society of Clinical Oncology)にてPROSPER試験の臨床データを発表しました。また、前立腺特異抗原(PSA: prostate-specific antigen)奏効率、患者による直接評価などPROSPER試験の追加データをコペンハーゲンで開催される欧州泌尿器学会議(EAU: European Association of Urology)2018にて発表予定です。


                                                                                                                                                                          以上