研究開発の考え方

アステラスは、Focus Areaアプローチにより多面的な視点でターゲットを設定し、Best Science(最先端の科学)、Best Talent(最適な人材)、Best Place(最適な環境)の考え方のもと、アンメットメディカルニーズに応える革新的な医薬品の創出に取り組んでいます。

研究開発においては、開発初期に開発候補品の優先度を決定し、優先度に応じたメリハリのあるリソース配分を行っています。これにより、研究開発にかかる期間の短縮や費用の効率化などの成果を上げています。
後期の開発品では、6つのプロジェクトを重点品と位置付けて、経営資源を配分しています。疾患の治療において各品目が最大限貢献できるよう開発を進めています。