アステラスでは、Focus Areaアプローチによるアンメットメディカルニーズの高い疾患に対する革新的な医薬品の創出を目指しています。Focus Areaアプローチでは、科学の進歩に伴い薬理作用のメカニズムの解明が進んでいるという「バイオロジー」の観点、その薬理作用を最大限発揮するために薬物を標的に送達させるベストな方法という「モダリティ」の観点、そしてアンメットニーズや市場環境を含む幅広い評価を経た「疾患」の観点という3つの観点で研究開発分野を絞り込みます。Focus Areaアプローチの中で科学的根拠が明確となり、患者さんに価値を届けられるプログラムが生み出される領域には、開発の初期段階から経営資源を優先的に配分して、開発を加速していきます。

臨床開発では、6つの重点後期開発品を最優先に、疾患の治療に各品目が最大限貢献できるよう開発を行っています。