Q&A Category
治療について

骨粗鬆症の治療をしている時には歯の治療をしてはいけないと言われました。なぜですか?

Answer

骨の治療をしている時に歯の治療をできないことはありません。ただし、非常にまれですが、ビスフォスフォネート製剤を服用する患者さんが歯科治療を受けた後に顎(あご)の骨の異常がみられたという報告があります。

ふだんから口の中を清潔に保ち、歯を治療する際には、ビスフォスフォネート製剤を飲んでいることを歯科医に伝えましょう。