Q&A Category
検査について

検診でかかとの骨で測った骨密度(骨量)と、病院で手首で測った骨密度が違っていました。なぜ値が違うのでしょうか?

Answer

測定する部位や測定方法などによって、測定結果に違いが出ることがあります。

かかとの骨は主に海綿骨からできており、手首の骨は主に皮質骨からできています。そのため、骨密度の減少の程度に差が出ることがあります。
また、骨密度の測定方法はいくつかあり、両方の検査の方法が違っていたことも考えられます。
治療の効果をみる時には、同じ部位を同じ方法で測定します。