Q&A Category
他の病気との関係について

動脈硬化が進んでいるかもしれない、といわれました。動脈硬化が進んでいるか、どうすれば分かるのでしょうか?

Answer

血圧、脈波伝播速度(PWV)と足関節上腕血圧比(ABI)の検査、心電図、超音波検査、CT、MRIなどの検査で分かります。

収縮期血圧と拡張期血圧の差が大きいことは、全身の動脈硬化が進んだひとつのサインと考えられています。また、脈波伝播速度(PWV)と足関節上腕血圧比(ABI)の検査も全身の動脈硬化の状態を知るための検査です。心臓や脳のCTやMRI、心臓や首の動脈の超音波検査では、特定の部位の動脈硬化(プラーク)や動脈硬化によって起こる心臓や脳の機能の異常を知ることができます。

心臓や脳の動脈硬化の状態を正確に知るためには、血管に細い管を入れる検査が必要になります。