Q&A Category
急性骨髄性白血病のQ&A

治療をしないと、どうなりますか?

Answer

急性骨髄性白血病(AML)では、白血病細胞が際限なく増え続け、正常の血液細胞(白血球、赤血球、血小板など)をつくる(造血)場である骨髄を白血病細胞が占拠して、正常な血液細胞がつくられなくなっています。治療をしないでいると、正常の血液細胞が減ったことに関連して起こる感染症や出血などにより死に至る危険性があるため、すぐにでも適切な治療を開始することが望まれます。

 

監修医

国立大学法人長崎大学原爆後障害医療研究所
原爆・ヒバクシャ医療部門血液内科学研究分野(原研内科) 教授
宮﨑 泰司 先生