Q&A Category
検査・診断について

前立腺がんには高分化、中分化、低分化腺がんがあると本で読んだことがあるのですが、どういうものですか?がんの悪性度はどのように判定するのでしょうか?

Answer

がん細胞の悪性度は、形態的な特徴を顕微鏡下に判断します。分化度が低ければ増殖が早く浸潤や転移をしやすく、悪性度が高いということになります。 
「分化」とは、幼若な細胞が分裂を繰り返して成熟した細胞になっていく過程を言います。低分化のがん細胞は未成熟で、形態・機能ともに正常細胞とかけ離れており、分裂速度の速い悪性度の高いがん細胞です。

前立腺がんの悪性度をあらわすには、他に「グリーソンスコア」というものがあります。これは前立腺がん特有のもので、がん組織の構造の変化を点数化し、点数が高くなるほど悪性度が高くなります。国際的に統一した基準が設けられており、我が国でも広く用いられています。