薬物治療によって骨密度の値は改善されても、薬をやめると骨密度は再び低下してしまいます。きちんと治療を続けることが重要です。

薬物治療によって骨密度の値は改善されても、薬をやめると骨密度は再び低下してしまいます。きちんと治療を続けることが重要です。

ただし、骨粗鬆症の治療薬の中には、途中に休みを入れながら服用するものがあります。また、薬物治療によって十分に骨密度が回復した場合、治療を中断する場合もあります。その判断は、医師が患者さんの体の状態を十分把握しながら行います。
さらに治療薬の中には、中断すると急激に骨密度が減るものがあり、他の薬を併用しながら注意深く中断しなくてはならない場合があります。検査の値が改善したり症状がやわらいだからといって、自己判断で勝手に服用をやめてはいけません

もし不安や疑問があれば医師とよく相談して、根気よく治療を続けましょう。